コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原始取得 げんししゅとくoriginaler od. ursprünglicher Rechtserwerb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原始取得
げんししゅとく
originaler od. ursprünglicher Rechtserwerb

ある権利を前主の権利に基づかず,独立に取得すること。したがって,前主の権利に制限や負担がついていたとしてもこれらを承継することなく,完全な状態で権利を取得することができる。たとえば,無主物先占 (民法 239) ,遺失物拾得 (240条) ,時効取得 (162,163条) などによって権利を取得する場合がそうである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんし‐しゅとく【原始取得】

ある権利を、他人から引き継がないで、新しく取得すること。先占取得遺失物拾得・時効取得など。→承継取得

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんししゅとく【原始取得】

ある権利を他人の権利に基づかずに取得すること。無主物先占・遺失物拾得・時効取得・公用徴収などの類。 → 承継取得

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原始取得
げんししゅとく

ある権利を他人の権利に基づかないで取得すること。無主物先占(せんせん)(野生の動物を捕らえるなど。民法239条)がその典型例であるが、遺失物拾得(同法240条)、時効取得(同法162条・163条)、即時取得(同法192条)なども原始取得とされる。これらの場合には、前の権利者がいるはずだが、原始取得する者は、その権利を承継するのではなく、すなわち、前の権利者のもとでその権利についていた負担などを承継することなく、権利を取得するのである。承継取得(売買・相続など)に対する概念。[高橋康之・野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原始取得の言及

【所有権】より

…これは売買,贈与,交換,相続,遺贈などである。第2は原始取得である(原始取得・承継取得)。これは無主物先占,遺失物拾得,埋蔵物発見,付合,混和,加工,取得時効などである。…

※「原始取得」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

原始取得の関連キーワード原始取得・承継取得不動産取得税自己株式公用収用所有権同法