コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原辰徳 はらたつのり

2件 の用語解説(原辰徳の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

原辰徳

プロ野球選手、現・読売ジャイアンツ監督兼名誉顧問。1958年7月22日生まれ、神奈川県出身。80年、ドラフト1位指名で読売ジャイアンツに入団。4番打者として活躍し、「若大将」の相性で親しまれた。95年に現役を引退。2002年より監督として同球団の指揮を執り(03年辞任、05年再任)、通算で4度のリーグ優勝、2度の日本一を達成。09年にはワールドベースボールクラシック日本代表監督に就任し、大会2連覇に導いた。12年6月に過去の女性問題によるスキャンダルが発覚し、ファンに謝罪した。

(2012-06-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原辰徳 はら-たつのり

1958- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和33年7月22日生まれ。東海大相模高,東海大で父の原貢監督の指導をうけ,父子鷹と話題になる。昭和55年巨人に入団。右投げ右打ち。三塁をまもり,新人王。長嶋茂雄,王貞治のあとの4番打者をつとめ,5度の優勝に貢献。平成7年引退。実働15年,打点王1回,通算打率2割7分9厘,382本塁打,1093打点。コーチをへて13年巨人監督となり,14年日本一。翌年成績不振で辞任。18年巨人監督に復帰,19年,20年とセ・リーグ優勝をはたした。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表チームの監督となり,21年優勝をはたす。21年,24年と巨人を日本一にみちびく。24年3度目の正力松太郎賞。25年セ・リーグ最優秀監督賞。福岡県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

原辰徳の関連キーワード関根潤三森祇晶山田久志吉田義男若松勉大沢啓二駒田徳広佐々木信也立浪和義根来泰周

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原辰徳の関連情報