コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双鉤塡墨 そうこうてんぼくshuāng gōu tián mò

世界大百科事典 第2版の解説

そうこうてんぼく【双鉤塡墨 shuāng gōu tián mò】

書画,とりわけ書跡の複製を作る方法。響搨(きようとう)ともいう。その方法は複写しようとする原本の上を透視できる紙で覆い,穂先の利く筆で細線を引いて文字輪郭を正確に写し,輪郭線だけで籠字(かごじ)にとる,これを双鉤(集字)という。さらにその輪郭線内に原本の濃淡どおりにまたは朱を塗り入れることを塡墨または塡という。これらは印刷術や写真術が発達する以前の法書複製法で,最も唐代に盛行し,唐摹本(とうもほん)というのはこれを指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうこう‐てんぼく〔サウコウ‐〕【双×鉤塡墨】

双鉤2で写した文字の輪郭の内側を墨で塗り、同じような文字をつくること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の双鉤塡墨の言及

【模写】より


[東洋]
 東洋とくに中国で模写・模本といえば,書画のそれを意味している。書の場合は〈双鉤塡墨(そうこうてんぼく)〉といって写そうとする文字の上に,それを透視しうる紙をのせ,文字の輪郭を正確に写したのち,その輪郭の中に墨をうめてゆく方法があり,これにより書体はもとより筆勢をも写しとるのである。結果,古今の名筆は忠実に模写され,原本にまさるとも劣らぬ価値を与えられ,後世に伝えられたのである。…

※「双鉤塡墨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

双鉤塡墨の関連キーワード喪乱帖書画法帖

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android