コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射測角器 ハンシャソッカクキ

4件 の用語解説(反射測角器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はんしゃ‐そっかくき〔‐ソクカクキ〕【反射測角器】

結晶面に光を当て、その反射の角度を利用して結晶の面角を測定する器具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

反射測角器【はんしゃそっかくき】

結晶面に光をあて,反射光を望遠鏡でとらえて,入射光と反射光の方位から面角を測る器械。接触測角器で測れない小晶でも測定できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

はんしゃそっかくき【反射測角器】

結晶体の結晶面の反射角を反射光線によって測る装置。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反射測角器
はんしゃそっかくき

スリットを通した光線を結晶面で反射させて面角を測定する器具。180度回転可能の軸に結晶を取り付け、回転軸に直角に光を入射させ、結晶面で反射した光線を望遠鏡で観測して、光線の入射経路と望遠鏡の軸のなす角度を、回転軸の周りにつけた角度の目盛りで読むようになっている。単円式と複円式とがあり、単円式は回転軸の中心に結晶を設置し、これを回転して面角を測定するものであるが、一度に一つの軸に平行な結晶面だけの測定しかできない。複円式はこの欠点を補うもので、結晶が垂直方向の軸の周囲に360度、水平方向の軸の周囲にも360度回転できるようになっていて、一度の設置で複数の軸に平行な面の測角ができる。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反射測角器の関連キーワードアイカメラ反射望遠鏡屈折望遠鏡ニュートン式反射望遠鏡オートコリメーターオフサルモグラフカセグレン望遠鏡反射光学系光磁気効果ブックマン‐マイヤー効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone