コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取(り)入れる トリイレル

デジタル大辞泉の解説

とり‐い・れる【取(り)入れる】

[動ラ下一][文]とりい・る[ラ下二]
外にあるものを取って中に入れる。とりこむ。「養分を体内に―・れる」「洗濯物を―・れる」
他のよい点を採用する。「外国の文化を―・れる」
(「穫り入れる」とも書く)農作物を収穫する。とりいれをする。「麦を―・れる」
物の怪(け)が人の心身を引き入れて悩ます。
「御物の怪(け)の度々―・れ奉りしを」〈・葵〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

取(り)入れるの関連キーワードオピニオン・ジャーナリズムニュー・アーケオロジーネオレアリズモ文学トラピスト修道会ストラビンスキーマンハイム楽派橘旭翁(3世)セーフウェーオールコット従業員代表制石清水物語音楽取調掛ISOねじ管理過程論軸流圧縮機レッシングヤロビ農法ユダヤ哲学マツモムシ住吉の長屋