コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取(り)入れる トリイレル

デジタル大辞泉の解説

とり‐い・れる【取(り)入れる】

[動ラ下一][文]とりい・る[ラ下二]
外にあるものを取って中に入れる。とりこむ。「養分を体内に―・れる」「洗濯物を―・れる」
他のよい点を採用する。「外国の文化を―・れる」
(「穫り入れる」とも書く)農作物を収穫する。とりいれをする。「麦を―・れる」
物の怪(け)が人の心身を引き入れて悩ます。
「御物の怪(け)の度々―・れ奉りしを」〈・葵〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone