正真(読み)しょうしん

精選版 日本国語大辞典「正真」の解説

しょう‐しん シャウ‥【正真】

〘名〙 (形動) (古くは「しょうじん」) 本物であること。真実であること。純粋でまじりけのないこと。また、そのさま。副詞的にも用いる。
※梵舜本沙石集(1283)一「邪見の咎を遁て、真の道に入べきなり」
※不言不語(1895)〈尾崎紅葉〉九「今正真(シャウジン)の生ける稚子(こども)を見させたまひては」
※死霊‐二章(1946‐48)〈埴谷雄高〉「僕には正真生真面目なところもあるんですよ」

しょう‐まつ シャウ‥【正真】

〘名〙 (形動) まことなこと。いつわりでないこと。また、そのさま。本物。真実。真正。しょうしん。
※歌舞伎・霧太郎天狗酒宴(1761)三幕「正まつなよい薬といふは、貴様の膏薬がはじめてじゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「正真」の解説

しょう‐しん〔シヤウ‐〕【正真】

《古くは「しょうじん」》偽りのないこと。本物であること。真正。「正真黄金こがね
[類語]本当しん真実真個真正正真正銘まこと本に実に全くまさにまさしくひとえにせつげに現にほとほとすっかりつくづく全く以て何とも実以て事実実際紛れもない他ならない有りのまま現実そのものしん以てかみ掛けてほんまいかにも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android