コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正真 ショウシン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しん〔シヤウ‐〕【正真】

《古くは「しょうじん」》偽りのないこと。本物であること。真正。「正真の黄金(こがね)」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしん【正真】

〔古くは「しょうじん」〕
真実であること。本物であること。 「 -の品」 「邪見の咎を遁て-の道に入るべきなり/沙石 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

正真の関連キーワード世・井・凄・制・勢・声・姓・婿・征・性・成・掣・政・整・斉・星・晴・棲・正・歳・清・牲・生・盛・省・穽・精・聖・聲・臍・製・西・誓・誠・請・逝・醒・青・靖・静・靜・齊棘鰭類(きょっきるい)益富又左衛門(初代)阿耨多羅三藐三菩提オーセンティックインディアン座現金掛け値なし銀安四面銅鉱立て花・立花寺田体育の日蒙古高句麗紛いも無い古川縁波正真骨類無限抱擁七つ道具中村 彰日夏能忠生き如来由比正雪

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正真の関連情報