コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受精毛 じゅせいもうtrichogyne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受精毛
じゅせいもう
trichogyne

紅藻類では雌性の細胞から突出した毛状の突起をさし,子嚢菌類では生卵器から突出する糸状体をさす。前者では雄性の細胞がこれに接触して受精が行われ,事後アサクサノリなどでは収縮してしまうが,一般の紅藻類では分化して精核の通路の役目だけを果す。後者では多数の雌雄の核が生卵器および造精器からこの中に入って複相の細胞となり,鉤形成をしながら分枝し,のち多数の子嚢を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

受精毛の関連キーワードラブールベニア類コレオケーテカワモズク不動精子造嚢器造果器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android