コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叡山版 エイザンバン

3件 の用語解説(叡山版の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えいざん‐ばん【×叡山版】

比叡山延暦寺、のちには門前の書店から刊行された仏書・漢書の総称。鎌倉時代の「法華三大部」が知られる。比叡山版

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えいざんばん【叡山版】

鎌倉時代、比叡山あるいは京都市内の天台宗の寺院において出版された経典。比叡山版。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

叡山版
えいざんばん

比叡山延暦寺(えんりゃくじ)の出版物。最古の明確な叡山版は、1279年(弘安2)から1296年(永仁4)にかけて、権大僧都(ごんのだいそうず)承詮(しょうせん)の発願により、日吉山王(ひえさんのう)に奉納のため刊行された粘葉装(でっちょうそう)で80帖よりなる『法華(ほっけ)三大部』とその注釈書である。室町時代の後印本(ごいんぼん)が大東急記念文庫にある。鎌倉時代の叡山版はこの一部のみであるが、江戸初期にわが国に初めて活字印刷術が取り入れられたとき、延暦寺内の各寺院においても、1601年(慶長6)から1634年(寛永11)までの間に、この技術を用いて数十部の図書を出版した。一般にこれをさして叡山版とよんでいる。延暦寺は京都に近く、財政も豊かで、学僧が多かったので、研学用の天台宗関係書の自給自足を図る必要から、活字版による出版が盛んに行われたのであろう。寛永(かんえい)(1624~44)中期以後、叡山版は急速に衰微し、書店による出版がこれにかわった。叡山版は現在、阪本(滋賀県)の叡山文庫と日光の慈眼堂(天海蔵)にもっとも多く伝存している。[福井 保]
『川瀬一馬著『増補古活字版之研究』(1967・ABAJ)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の叡山版の言及

【寺院版】より

…日本では平安時代,写経供養に代わってはじめて摺経(すりきよう)供養(経典を印刷することで供養を行う)が行われたが,いずれも死者の冥福(めいふく)を祈り,罪業障滅をねがうためのものが多かった。 奈良の興福寺を中心とした春日(かすが)版,鎌倉初期以来高野山において開版された高野版,醍醐(だいご)寺で開版された醍醐寺版,比叡山で開版された叡山版,京都の知恩院を中心とした浄土教版,奈良の諸大寺(東大寺,西大寺ほか)による奈良版,さらに鎌倉時代から南北朝(14世紀)を経て,室町時代末期(16世紀)にいたる,京都の五山を中心として開版された五山版など,とくに寺院版として著名である。寺院版ははじめは仏典に限られたが,鎌倉時代に入って,入宋僧の手により,仏典以外の儒書,詩文集,医書などの移入をみた結果,やがてそれらの復刻および国書の刊行をみた。…

※「叡山版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

叡山版の関連キーワード比叡山方衣粥山徒三塔中堂坊本北嶺水無月会山の座主

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone