コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叡山版 エイザンバン

大辞林 第三版の解説

えいざんばん【叡山版】

鎌倉時代、比叡山あるいは京都市内の天台宗の寺院において出版された経典。比叡山版。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

叡山版
えいざんばん

比叡山延暦寺(えんりゃくじ)の出版物。最古の明確な叡山版は、1279年(弘安2)から1296年(永仁4)にかけて、権大僧都(ごんのだいそうず)承詮(しょうせん)の発願により、日吉山王(ひえさんのう)に奉納のため刊行された粘葉装(でっちょうそう)で80帖よりなる『法華(ほっけ)三大部』とその注釈書である。室町時代の後印本(ごいんぼん)が大東急記念文庫にある。鎌倉時代の叡山版はこの一部のみであるが、江戸初期にわが国に初めて活字印刷術が取り入れられたとき、延暦寺内の各寺院においても、1601年(慶長6)から1634年(寛永11)までの間に、この技術を用いて数十部の図書を出版した。一般にこれをさして叡山版とよんでいる。延暦寺は京都に近く、財政も豊かで、学僧が多かったので、研学用の天台宗関係書の自給自足を図る必要から、活字版による出版が盛んに行われたのであろう。寛永(かんえい)(1624~44)中期以後、叡山版は急速に衰微し、書店による出版がこれにかわった。叡山版は現在、阪本(滋賀県)の叡山文庫と日光の慈眼堂(天海蔵)にもっとも多く伝存している。[福井 保]
『川瀬一馬著『増補古活字版之研究』(1967・ABAJ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の叡山版の言及

【寺院版】より

…日本では平安時代,写経供養に代わってはじめて摺経(すりきよう)供養(経典を印刷することで供養を行う)が行われたが,いずれも死者の冥福(めいふく)を祈り,罪業障滅をねがうためのものが多かった。 奈良の興福寺を中心とした春日(かすが)版,鎌倉初期以来高野山において開版された高野版,醍醐(だいご)寺で開版された醍醐寺版,比叡山で開版された叡山版,京都の知恩院を中心とした浄土教版,奈良の諸大寺(東大寺,西大寺ほか)による奈良版,さらに鎌倉時代から南北朝(14世紀)を経て,室町時代末期(16世紀)にいたる,京都の五山を中心として開版された五山版など,とくに寺院版として著名である。寺院版ははじめは仏典に限られたが,鎌倉時代に入って,入宋僧の手により,仏典以外の儒書,詩文集,医書などの移入をみた結果,やがてそれらの復刻および国書の刊行をみた。…

※「叡山版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

叡山版の関連キーワード寺院版天台宗法華経典

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android