コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今和歌集仮名序 こきんわかしゅうかなじょ

1件 の用語解説(古今和歌集仮名序の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

古今和歌集仮名序【こきんわかしゅうかなじょ】

古今和歌集》の仮名文の序文。905年,撰者の一人,紀貫之によって書かれた。冒頭〈やまとうたは人の心を種としてよろづの言の葉とぞなれりける〉と和歌の本質を説き,続いて起源・技法・歴史・編纂(へんさん)の経緯などを述べる。
→関連項目歌徳説話

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

古今和歌集仮名序の関連キーワード井澤エイミーカンハンナ県内出身の団塊世代の意識延喜式勧修寺神奈川延喜格式延喜式古今和歌集ナバラ王国

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone