コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今和歌集仮名序(読み)こきんわかしゅうかなじょ

百科事典マイペディアの解説

古今和歌集仮名序【こきんわかしゅうかなじょ】

古今和歌集》の仮名文の序文。905年,撰者の一人,紀貫之によって書かれた。冒頭〈やまとうたは人の心を種としてよろづの言の葉とぞなれりける〉と和歌の本質を説き,続いて起源・技法・歴史・編纂(へんさん)の経緯などを述べる。内容は中国の詩論に範を仰ぎつつも,日本最初の勅撰和歌集の序にふさわしく,国風の確立の意欲あふれる独自の文学論となっている。貫之は漢文で書かれた真名序(まなじょ)に対して,大和言葉を用いて日本人による日本の歌の論を展開しようとしたのである。修辞を駆使した格調高い文体は,以後,和歌集の序文の規範となったのみならず,その主張,文学観はその後の日本文学全般を規定するほどの甚大な影響を与え続けた。
→関連項目歌徳説話

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる