コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今和歌集仮名序 こきんわかしゅうかなじょ

百科事典マイペディアの解説

古今和歌集仮名序【こきんわかしゅうかなじょ】

古今和歌集》の仮名文の序文。905年,撰者の一人,紀貫之によって書かれた。冒頭〈やまとうたは人の心を種としてよろづの言の葉とぞなれりける〉と和歌の本質を説き,続いて起源・技法・歴史・編纂(へんさん)の経緯などを述べる。
→関連項目歌徳説話

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

古今和歌集仮名序の関連キーワード新撰髄脳歌詠み鳥文芸学仮名序姿

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android