コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入れる/容れる イレル

デジタル大辞泉の解説

い・れる【入れる/容れる】

[動ラ下一][文]い・る[ラ下二]
外側にあるものを、ある範囲内、内側の場所に移す。
㋐外から中に移し置く。また、はいらせる。「冷蔵庫に―・れる」「部屋に風を―・れる」
㋑支払うべきものを納める。「家賃を―・れる」
㋒組織・集団などの一員とする。法律的に認めて、家族などの構成員とする。「寮に―・れる」「大学に―・れる」「籍に―・れる」

㋐ある範囲・数量に含める。「計算に―・れる」「私を―・れて五人」
㋑まぜる。「麦を―・れたご飯」
間にはさむ。
㋐はめ込む。「窓枠にガラスを―・れる」「行間に―・れる」
㋑差しはさむ。「会議の途中で休憩を―・れる」「疑いを―・れる余地はない」
ある作用を加える。「文章に手を―・れる」「腐敗した政治にメスを―・れる」「テープにはさみを―・れる」「刻み目を―・れる」

㋐(容れる)認めて受け入れる。認めてやる。聞きいれる。「要求を―・れる」「人を―・れる度量がない」
㋑そうすることによって、受け入れてもらうように頼む。「詫びを―・れる」
気持ちなどを集中させる。
㋐(多く「身をいれる」「気をいれる」の形で)熱心に物事に打ち込む。「練習に気を―・れる」「力を―・れる」
㋑(多く「念をいれる」の形で)手落ちのないよう、十分注意する。「戸締まりには念を―・れなさい」
投票する。「一票を―・れる」
(「淹れる」「点れる」とも書く)湯を差して、茶などを出す。「コーヒーを―・れる」
電流を通じさせたり、操作を加えたりして、電気・あかりなどをつける。また、作動させる。始動する。「スイッチを―・れる」「エンジンを―・れる」
10 相手に連絡する。「電話を―・れる」「第一報を―・れる」
[下接句]足を入れる新しい酒を古い革袋に入れる息を入れる一札(いっさつ)入れる肩を入れる活を入れる瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず間(かん)髪(はつ)を容(い)れず・勘定に入れる・気を入れる気合いを入れる嘴(くちばし)を容(い)れる腰を入れる探りを入れる朱(しゅ)を入れる精を入れる底を入れる力を入れる茶々を入れる手に入れる手を入れる泣きを入れる縄を入れる念には念を入れよ念を入れる年季を入れる肌を入れる半畳を入れる筆を入れる仏作って魂入れず本腰を入れる身を入れる耳に入れるメスを入れる焼きを入れる世に入れられる詫(わ)びを入れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

入れる/容れるの関連キーワード引っ張り込む一札を入れるタバコ入れサモワール念頭に置く招き入れる相槌を打つ押入れる放り込む楊枝入れ珍味入れ汲み込む運び込む弁当箱札入れ駒入れ太刀袋中入れ筆入れ進上箱

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android