コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古処山 こしょざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古処山
こしょざん

福岡県中部,三郡山地南部の山。朝倉市嘉麻市の境にそびえる。標高 860m。古生層変成岩からなるが,頂上付近は石灰岩カルスト地形を呈し,国指定特別天然記念物のツゲ原始林がある。眺望に優れ,中世の山城跡のほか,南西麓に旧城下町の秋月があり,筑後川県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こしょざん【古処山】

福岡県中部,甘木市嘉穂郡嘉穂町との境にある山。標高860m。古生層変成岩からなる壮年期的な地形で,頂上付近は石灰岩がレンズ状にはさまれてカルスト地形を呈する。樹齢500年以上のツゲの原始林(特天)がある。中世には秋月氏が古処山城を築き,修験道の道場としても栄えた。南西麓に旧城下町秋月(甘木市)がある。山頂からの眺望がすぐれ,一帯は筑後川県立公園に指定されている。【土井 仙吉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕古処山(こしょざん)


福岡県中央部、朝倉(あさくら)市・嘉麻(かま)市の境にある山。標高860m。山頂付近は石灰岩が露出し、ツゲ原生林(国特別天然記念物)におおわれる。山麓(さんろく)のスギ・ヒノキの人工林まで植物の垂直分布がみられ、学術上重要。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android