コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古処山 こしょざん

3件 の用語解説(古処山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古処山
こしょざん

福岡県中部,三郡山地南部の山。朝倉市嘉麻市の境にそびえる。標高 860m。古生層変成岩からなるが,頂上付近は石灰岩カルスト地形を呈し,国指定特別天然記念物のツゲ原始林がある。眺望に優れ,中世の山城跡のほか,南西麓に旧城下町秋月があり,筑後川県立自然公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こしょざん【古処山】

福岡県中部,甘木市と嘉穂郡嘉穂町との境にある山。標高860m。古生層変成岩からなる壮年期的な地形で,頂上付近は石灰岩がレンズ状にはさまれてカルスト地形を呈する。樹齢500年以上のツゲの原始林(特天)がある。中世には秋月氏が古処山城を築き,修験道の道場としても栄えた。南西麓に旧城下町秋月(甘木市)がある。山頂からの眺望がすぐれ,一帯は筑後川県立公園に指定されている。【土井 仙吉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕古処山(こしょざん)


福岡県中央部、朝倉(さくら)市・嘉麻(かま)市の境にある山。標高860m。山頂付近は石灰岩が露出し、ツゲ原生林(国特別天然記念物)におおわれる。山麓(さんろく)のスギ・ヒノキの人工林まで植物の垂直分布がみられ、学術上重要。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古処山の関連キーワード福岡県嘉穂郡嘉穂〈町〉福岡県嘉穂郡桂川町九郎丸福岡県嘉穂郡桂川町寿命福岡県嘉穂郡桂川町瀬戸福岡県嘉穂郡桂川町中屋福岡県嘉穂郡桂川町土居福岡県嘉穂郡桂川町土師福岡県嘉穂郡桂川町豆田福岡県嘉穂郡桂川町吉隈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古処山の関連情報