コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古言梯 こげんてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古言梯
こげんてい

楫取魚彦 (かとりなひこ) 著。1巻。明和1 (1764) 年成立。翌年刊。契沖歴史的かなづかいに基づいて古語を五十音順に配列したかなづかい辞典。契沖の『和字正濫鈔』に典拠の少いことを問題にし,新たな出典をあげながら 1883語を取扱っている。本書は広く世に行われるとともに,各人による補訂増補版が多く生れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こげんてい【古言梯】

仮名遣い辞書。一冊。楫取魚彦かとりなひこ著。1764年成立。契沖の「和字正濫鈔」の不備を補い、古書を引いて仮名遣いの典拠を示す。歴史的仮名遣いの正書法的地位を確立させた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古言梯の関連キーワード古言衣延弁田中延香

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android