コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガン

デジタル大辞泉の解説

がん【岸】[漢字項目]

[音]ガン(呉)(漢) [訓]きし
学習漢字]3年
〈ガン〉
きし。「岸頭岸壁右岸沿岸河岸海岸護岸接岸対岸彼岸
角立っている。いかめしい。「魁岸(かいがん)傲岸(ごうがん)
〈きし(ぎし)〉「岸辺川岸山岸
[難読]河岸(かし)

きし【岸】

陸地の、海・川・湖などの水に接している所。みずぎわ。「に打ち寄せる波」
土地の切り立った所。がけ。
「あしひきの山かも高き巻向(まきむく)の―の小松にみ雪降り来る」〈・二三一三〉

きし【岸】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「岸」姓の人物
岸清一(きしせいいち)
岸信介(きしのぶすけ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きし【岸】

陸地が海・湖・川・池などの、水と接する所。みずぎわ。
土地のきり立った所。がけ。 「磐代いわしろの-の松が枝結びけむ/万葉集 143

きし【岸】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

岸の関連キーワード海峡両岸経済協力枠組協定中台経済協力枠組協定岸沢古式部(3代)岸沢古式部(2代)岸沢古式部(5代)岸沢古式部(4代)ショアーブレイクけんぼうは1年生リップカレント表日本式気候パンゴビーチ那智の観音向こう岸最寄り船風三楼忌岸太郎向岸流渡り段岸内閣沿岸流

岸の関連情報