合目(読み)あわせめ

精選版 日本国語大辞典 「合目」の意味・読み・例文・類語

あわせ‐め あはせ‥【合目】

〘名〙 物と物とを合わせた継ぎ目。二つの物を接合させた接点
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「玉連環は袈裟の環のやうな物の合せめのみへぬ物ぞ」
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「同時に鼻血が〈略〉胸の合せ目をよごした」

あい‐め あひ‥【合目】

〘名〙 物と物とが交わっている所。合う所。
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉自然に対する五分時「四つ手に打ちがへたる竹の交叉点(アイメ)藁縄を結びて」

ごう‐め ガフ‥【合目】

〘名〙 山のふもとから頂上にいたる登山行程単位実際距離や山の標高とは関係なく、登山する場合の困難の度合目安として全行程を一〇等分し、その一つ一つを一合目、二合目などと称する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「合目」の意味・読み・例文・類語

ごう‐め〔ガフ‐〕【合目】

ごう3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android