合目(読み)あわせめ

精選版 日本国語大辞典「合目」の解説

あわせ‐め あはせ‥【合目】

〙 物と物とをわせた継ぎ目。二つの物を接合させた接点。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「玉連環は袈裟の環のやうな物の合せめのみへぬ物ぞ」
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「同時に鼻血が〈略〉胸の合せ目をよごした」

ごう‐め ガフ‥【合目】

〘名〙 山のふもとから頂上にいたる登山行程単位。実際の距離や山の標高とは関係なく、登山する場合の困難の度合目安として全行程を一〇等分し、その一つ一つ一合目、二合目などと称する。

あい‐め あひ‥【合目】

〘名〙 物と物とが交わっている所。合う所。
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉自然に対する五分時「四つ手に打ちがへたる竹の交叉点(アイメ)に藁縄を結びて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android