吉備史跡県立自然公園(読み)きびしせきけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉備史跡県立自然公園
きびしせきけんりつしぜんこうえん

岡山県南部,岡山市総社市を中心とした旧山陽道沿いの自然公園。面積 24.00km2。 1966年指定。備中国分寺跡をはじめ,国分尼寺跡,宝福寺の三重塔,地蔵菩薩,十王像,雪舟の碑などの史跡,造山,作山,大塚,前田大塚古墳群,高松城跡,水攻め築堤跡,高松稲荷,吉備津神社吉備津彦神社,備中総社宮,真金一里塚など史跡に富む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉備史跡県立自然公園
きびしせきけんりつしぜんこうえん

岡山県南部、岡山、総社(そうじゃ)、倉敷3市にまたがる自然公園。面積25平方キロメートル。旧山陽道に沿う吉備の中山(なかやま)、旧山陽道北方の高松城跡、竜王山、鬼ノ城(きのじょう)山、井山(いやま)宝福寺(雪舟(せっしゅう)が涙で鼠(ねずみ)を描いた逸話がある)など、吉備文化発祥地として古墳群、寺社、伝説を有する地域で、文化財、景勝地を結んだ吉備路自然歩道が設けられている。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android