コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡玉恵 よしおか たまえ

1件 の用語解説(吉岡玉恵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡玉恵 よしおか-たまえ

1888-1954 昭和時代の社会事業家。
明治21年1月21日生まれ。26歳で失明。夫の死後,鍼灸(しんきゅう)術をおさめ,治療にあたる。昭和24年ヘレン=ケラーの来日時,「婦人世界」に手記「光を踏んで」を発表,原稿料で購入した点字図書を高知県立盲学校に寄贈。愛盲精神の普及につとめた。昭和29年4月12日死去。66歳。高知県出身。徳島高女卒。旧姓は島田。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉岡玉恵の関連キーワードウィルヘルム佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志ウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファント

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone