コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡玉恵 よしおか たまえ

1件 の用語解説(吉岡玉恵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡玉恵 よしおか-たまえ

1888-1954 昭和時代の社会事業家。
明治21年1月21日生まれ。26歳で失明。夫の死後,鍼灸(しんきゅう)術をおさめ,治療にあたる。昭和24年ヘレン=ケラーの来日時,「婦人世界」に手記「光を踏んで」を発表,原稿料で購入した点字図書を高知県立盲学校に寄贈。愛盲精神の普及につとめた。昭和29年4月12日死去。66歳。高知県出身。徳島高女卒。旧姓は島田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉岡玉恵の関連キーワード黒川フシ孝橋正一佐藤小滝島マス高島巌田中太郎豊原又男長谷川良信牧野虎次吉見静江