盲学校(読み)もうがっこう

デジタル大辞泉の解説

もう‐がっこう〔マウガクカウ〕【盲学校】

視覚に障害のある児童生徒に対し、幼稚園小学校中学校高等学校に準ずる教育を行うとともに、その障害による困難を補うために必要な知識技能を修得させる学校。学校教育法改正により、平成19年(2007)以降の法律上の区分は「特別支援学校」となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

盲学校【もうがっこう】

盲児や強度の弱視者に対し,幼稚園,小・中・高等学校に準ずる教育と,盲者に必要な知識・技能を授けることを目的とする学校。盲児の学習は点字や聴覚的教材・教具による。1784年パリに設立されたのが最初。日本では1878年古川太四郎が設立した京都盲唖(もうあ)院に始まる。1909年東京盲学校の設立以後,盲児と聾(ろう)児の教育は分離。1947年学校教育法により小・中学段階は義務制。2007年学校教育法の改正により,盲学校・聾学校養護学校は障害種別を超えた特別支援学校となった。→障害児教育
→関連項目学校盲人養護学校聾学校

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もうがっこう【盲学校】

盲児を対象とする学校で,この形態による組織的な教育はアユイValentin Haüy(1745‐1822)が博愛協会の援助を得て1784年に設立したパリ盲学校を最初とする。ついで19世紀前半には欧米各国に盲学校の設立をみたが,その多くは民間の慈善事業として設立・維持され,貧窮盲人に対し生活扶助とともに宗教教育や凸文字の読み方,手仕事の訓練等を行う救済施設であった。19世紀後半に入ると各国の公教育の発展を背景に盲学校の教育的性格が強められ,1893年イギリス盲聾初等教育法,1905年のマサチューセッツ州をはじめとするアメリカ各州の教育法等によって盲・聾児の就学義務制,盲学校の公立化が進み,初期の収容寄宿制に加えて通学制盲学校や一般公立校内の盲・弱視学級も出現した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もうがっこう【盲学校】

視覚障害者に対して、普通教育に準ずる教育を施し、あわせてその障害を補うために必要な知識・技能を授ける学校。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もう‐がっこう マウガクカウ【盲学校】

〘名〙 視覚に障害のある児童・生徒に対して、幼稚園・小学校・中学校または高等学校に準ずる教育を行ない、あわせてその障害を補うために必要な知識・技能を授ける学校。
※田楽豆腐(1912)〈森鴎外〉「盲学校(マウガクカウ)のある丘陵を一つ踰えれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の盲学校の言及

【障害者教育】より

…その意味で障害児教育は通常の教育と無関係な特殊なものではなく,普通教育の一環として位置づけられる教育である。
[教育機関]
 盲学校聾学校養護学校のほか,障害児学級(学校教育法上は特殊学級)がある。養護学校には肢体不自由,病弱,精神遅滞の3種類にそれぞれ対応したものがある。…

※「盲学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

盲学校の関連情報