コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉行理恵 ヨシユキリエ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉行理恵 よしゆき-りえ

1939-2006 昭和後期-平成時代の詩人,小説家。
昭和14年7月8日生まれ。吉行エイスケの次女。吉行淳之介,吉行和子の妹。「歴程」同人。昭和42年詩集「夢のなかで」で田村俊子賞。繊細な感性をいかして小説もかき,56年「小さな貴婦人」で芥川賞,平成元年短編集「黄色い猫」で女流文学賞をうけた。平成18年5月4日死去。66歳。東京出身。早大卒。本名は理恵子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉行理恵の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生恐怖映画日活(株)[各個指定]芸能部門

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android