同義遺伝子(読み)どうぎいでんし(英語表記)multiple genes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同義遺伝子
どうぎいでんし
multiple genes

1つの形質を現すのに2種類以上の異なる遺伝子座にある遺伝子が同等の作用をするとき,これらの遺伝子を同義遺伝子という。ナズナの果実の形の遺伝やオオバコの斑 (ふ) 入り葉の遺伝で知られている。Aとa,Bとbを2対の同義遺伝子とすれば,aabbの組合せのみが形質 (-) ,AかBが1個でもあればすべて (+) となるから,F2 における分類比は9:3:3:1にならないで,15 (9+3+3) :1になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうぎ‐いでんし〔‐ヰデンシ〕【同義遺伝子】

遺伝子座の異なる二つ以上の遺伝子で、ある形質を表すのにともに作用するもの。→ポリジーン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

同義遺伝子【どうぎいでんし】

1つの形質の発現に二対以上の対立遺伝子が関与するとき,これらの遺伝子をいう。オオバコの斑入(ふいり)はその一例で,雑種第2代で緑葉と斑入葉の個体が15対1に出現。遺伝子作用は加算的なことが多く,量的形質の変動を説明するのに利用。現在ではこの概念を拡大して,単一の量的形質にかかわる遺伝子群をポリジーンと呼んでいる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どうぎいでんし【同義遺伝子】

ある同一の形質を発現させる作用をもち、座位の異なる二つ以上の遺伝子。 → ポリジーン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どうぎ‐いでんし ‥ヰデンシ【同義遺伝子】

〘名〙 形質発現に共同して作用する二対またはそれ以上の遺伝子。それぞれの遺伝子が累積的に働く場合と補足的に働く場合があり、後者は、補足遺伝子と呼ばれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android