コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名栗温泉 なぐりおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名栗温泉
なぐりおんせん

埼玉県南西部,飯能市にある温泉。名栗川支流沿いにわく。発見は 13世紀前半といわれ,明治時代から湯治場としてにぎわった。静養客や行楽客の利用が多い。泉質放射能泉泉温は 20~25℃。ラジウム鉱泉で知られ,循環器障害や神経痛痛風などにきくといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名栗温泉
なぐりおんせん

埼玉県飯能(はんのう)市下名栗にある温泉。名栗川の右岸に位置する。鎌倉時代に発見されたもので、1914年(大正3)東京衛生試験所によってラジウムの含有が認められた。泉質は単純温泉、付近に名栗渓谷があり宿泊施設が完備している。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

名栗温泉の関連キーワード飯能(市)