コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名栗 なぐり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名栗
なぐり

埼玉県南部,飯能市西部の旧村域。秩父山地の南東麓,入間川の上流名栗川沿いにある。 1890年上名栗村と下名栗村が合体して名栗村が成立。 2005年飯能市に編入。大部分が林野で占められ,江戸時代から西川材の名で知られた木材の産地で,製材業が行なわれる。南端に名栗温泉が,中部に名栗川の支流有間川を有間ダムでせき止めた名栗湖がある。全域が奥武蔵県立自然公園に属する。金比羅山の鳥居観音には国の重要文化財の木造阿弥陀如来立像がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名栗
なぐり

埼玉県南部、入間(いるま)郡にあった旧村名(名栗村(むら))。現在は飯能(はんのう)市の西部を占める一地区。2005年(平成17)飯能市と合併。旧村域は、秩父(ちちぶ)山地東部にあたり、南北に縦断するように入間川の上流名栗川の渓谷が続き、幅の狭い谷底平野が発達している。名栗川に沿って県道青梅(おうめ)秩父線が通じる。江戸時代以来、スギ、ヒノキの林業地として名高い西川材の産地であるが、過疎化のため、新産業の育成が課題となっている。全域が県立奥武蔵(むさし)自然公園内にあり、渓谷美、森林美に優れ、温泉もある。有間ダムによってつくられた名栗湖畔にはカヌーを作製するカヌー工房がある。鳥居観音、キャンプ場などがあり、観光に力を入れている。[中山正民]
『『名栗村史』復刻版(1982・名栗村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

名栗の関連キーワードケニーズ・ファミリー・ビレッジ港家 小柳丸(初代)埼玉県飯能市下名栗せせらぎキャンプ場豊沢広助(5世)尾上松助(4世)入間川(埼玉県)大鳩園キャンプ場平沼 弥太郎埼玉県飯能市竹本 土佐栄清水六兵衛立川断層帯小島紋次郎栗本茉莉子五味川純平飯能[市]飯能(市)名栗[村]名栗〈村〉

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名栗の関連情報