コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向井流 ムカイリュウ

デジタル大辞泉の解説

むかい‐りゅう〔むかゐリウ〕【向井流】

日本泳法の一流派。江戸初期に、幕府の船手奉行向井正綱が創始。敵前泳法として発展し、その後水練を目標とする泳法も加えられた。基本泳法は平泳ぎ抜き手・肩差し・平水など、俗に御船手泳ぎともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むかいりゅう【向井流】

水泳術の一派。祖は江戸初期の御船手おふなて奉行向井兵庫頭正綱(1557~1625)。俗に御船手泳ぎともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

向井流
むかいりゅう

現存する日本泳法の一流派。徳川幕府の御船手(おふなて)組(現在の海軍にあたる)の組頭であった向井兵庫頭正綱(ひょうごのかみまさつな)を流祖とする泳法。向井流は、他の流派が陸上の対水技術として発達したのに対し、操船術の付属技術として発展した点に特色がある。向井流の泳ぎは別名御船手泳ともいわれており、また向井流では水術でなく水法と称している。向井流の泳ぎは、半身に構える平泳ぎを本体としており、抜手(ぬきて)、平掻(ひらかき)、肩指(かたさし)、平水(へいすい)などがあり、飛込には順下、逆下などの特色あるものがある。伝書としては向井将監正直(しょうげんまさなお)の『向井流水法秘伝書』がある。[笹島恒輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の向井流の言及

【水泳】より

…立体を主とする。(4)向井流 江戸時代初頭の御船手奉行(おふなてぶぎよう)向井正綱を始祖とし,権威があった。明治に入って笹沼良助が笹沼流を開いた。…

※「向井流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

向井流の関連キーワード水泳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android