向精神剤(読み)コウセイシンザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

向精神剤とは


 精神疾患の治療に用いられる薬を向精神剤といいます。おもなものをあげてみましょう。


抗精神病剤 脳の過剰な反射を抑え、幻覚や妄想、不安、緊張、焦燥(あせり)などを鎮める薬です。統合失調症の治療剤ですが、躁病そうびょう、非定型精神病などの治療にも用いられます。抗精神病剤のひとつであるスルピリド製剤は、胃・十二指腸潰瘍の治療剤としても使われています。


抗うつ剤 うつ病の治療剤で、神経伝達物質である脳内モノアミン(ノルアドレナリン、セロトニン)を増やし、抑うつ気分や意欲の低下などを改善していきます。抗うつ剤は、気分障害、双極性障害、パニック症、食行動(摂食)障害など、さまざまな精神疾患の治療にも用いられています。


気分安定剤 躁病や双極性障害(躁うつ病)、非定型精神病などの治療に用いられる薬です。気分の高揚と意欲の増進を鎮める抗躁作用をもちます。


抗不安剤 不安症をはじめ、さまざまな病気に伴う不安や緊張、抑うつ、興奮、不眠などの改善に用いられます。


精神刺激剤 精神活動を高める作用があり、注意欠如・多動症、反復性過眠症、ナルコレプシーなどの治療に用いられます。


フェノチアジン系抗精神病剤


ブチロフェノン系抗精神病剤


ベンザミド系抗精神病剤


セロトニン・ドパミン遮断剤(SDA)


多元受容体作用抗精神病剤(MARTA)


ドパミン受容体部分作動剤(DPA)


セロトニン・ドパミンアクティビティモジュレーター製剤(SDAM)


その他の抗精神病剤


三環系抗うつ剤


四環系抗うつ剤


選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)


セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)


ノルアドレナリン作動性・特異的作動性抗うつ剤(NaSSA)


その他の抗うつ剤


抗躁剤


精神刺激剤(中枢神経興奮剤)

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android