コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向野田古墳 むこうのだこふん

1件 の用語解説(向野田古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むこうのだこふん【向野田古墳】

熊本県宇土市松山町に所在する前方後円墳宇土半島基部の雁回山麓からのびる丘陵上に北面して築かれ,全長86m,後円部径52m,前方部幅39mを測る。葺石(ふきいし)をそなえ,一種の円筒埴輪や壺が墳丘から出土した。1969年に宇土市教育委員会を中心として後円部を発掘した。その結果,板石積み竪穴式石室舟形石棺をおさめた埋葬施設を検出した。一端に石枕を据えた石棺の内部には,人骨,副葬品がきわめてよく往時の状態を保っていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

向野田古墳の関連キーワード宇土市古墳埼玉古墳群前方後円墳百舌鳥古墳群双子塚車塚古墳後円部前方部