コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車輪石 しゃりんせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車輪石
しゃりんせき

古墳から発見される碧玉製の腕飾り様の遺物卵形をし,中央に卵形あるいは円形のがあり,そこから放射状に線が刻まれ,車の輪のようにみえるので,この名があるが,古墳時代に多く,貝輪を模してつくられたものといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

車輪石【しゃりんせき】

古墳時代にみられる碧玉(へきぎょく)製の腕飾。扁平な卵形ないし楕円形で,中央部に穴があり,放射状の彫刻が施されている。この形状は弥生(やよい)時代のカサガイオオツタノハ製の貝輪から生まれたと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃりんせき【車輪石】

古墳時代の碧玉製の腕飾の一種。環体の表面に放射状の彫刻があるので,車輪の輻を連想した江戸時代の収集家の命名が,そのまま現在につづいている。扁平な卵形の輪郭をもち,中央に卵形または円形の孔をうがったものを典型とする。長径は10cmから20cmの範囲に大きな変化を示すのに対して,孔の長径はほとんどが5~6cmにとどまっている。弥生時代に小児の腕飾として用いたカサガイ製の貝輪の形を,拡大して碧玉にうつしたもので,表面の文様もカサガイの肋条の形式化であろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃりんせき【車輪石】

古墳時代の碧玉へきぎよく製の腕飾。形は扁平な卵形で中央に穴があり、これを中心に表面に放射状のきざみが入れてある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車輪石
しゃりんせき

日本の古墳時代前期につくられた腕輪形宝器の一種。オオツタノハを加工してつくった貝輪を碧玉(へきぎょく)や緑色凝灰岩などの石材で模したもので、鍬形(くわがた)石や石釧(いしくしろ)と同様に、初期の近畿政権の手によって一元的につくられ、各地の首長に配布されたものと考えられる。
 祖形の貝輪に忠実な形をした古いタイプのものは、外形が卵形で中央に円孔があり、全体が山形に反っている。山になっている側の面に放射状の凹面帯を彫刻しており、稜(りょう)や凹面帯の中央に刻線を施したものもある。しだいに裏面の反りがなくなって平坦(へいたん)なものが現れ、また、外形が円形のものも出現する。九州北部から関東地方という広い分布圏をもつが、古式のものは畿内(きない)を中心にした比較的狭い範囲でしか発見されていない。なお、車輪石という名称は江戸時代につけられたものだが、適切な名とはいえない。[渡辺貞幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

車輪石の関連キーワード川柳将軍塚古墳‐姫塚古墳瓢箪山古墳〈滋賀県〉和泉黄金塚古墳芝ヶ原12号墳桜井茶臼山古墳佐紀盾列古墳群東大寺山古墳中小田古墳群百舌鳥古墳群津堂城山古墳雨の宮古墳群銚子塚古墳日葉酢媛陵橋津古墳群黄金塚古墳将軍塚古墳三池平古墳紫金山古墳河和田遺跡島の山古墳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android