コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車輪石 しゃりんせき

6件 の用語解説(車輪石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車輪石
しゃりんせき

古墳から発見される碧玉製の腕飾り様の遺物。卵形をし,中央に卵形あるいは円形の孔があり,そこから放射状に線が刻まれ,車の輪のようにみえるので,この名があるが,古墳時代に多く,貝輪を模してつくられたものといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゃりん‐せき【車輪石】

古墳時代碧玉(へきぎょく)製の腕輪形宝器。弥生時代の貝製腕輪に起源をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

車輪石【しゃりんせき】

古墳時代にみられる碧玉(へきぎょく)製の腕飾。扁平な卵形ないし楕円形で,中央部に穴があり,放射状の彫刻が施されている。この形状は弥生(やよい)時代のカサガイオオツタノハ製の貝輪から生まれたと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゃりんせき【車輪石】

古墳時代の碧玉製の腕飾の一種。環体の表面に放射状の彫刻があるので,車輪の輻を連想した江戸時代の収集家の命名が,そのまま現在につづいている。扁平な卵形の輪郭をもち,中央に卵形または円形の孔をうがったものを典型とする。長径は10cmから20cmの範囲に大きな変化を示すのに対して,孔の長径はほとんどが5~6cmにとどまっている。弥生時代に小児の腕飾として用いたカサガイ製の貝輪の形を,拡大して碧玉にうつしたもので,表面の文様もカサガイの肋条の形式化であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゃりんせき【車輪石】

古墳時代の碧玉へきぎよく製の腕飾。形は扁平な卵形で中央に穴があり、これを中心に表面に放射状のきざみが入れてある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車輪石
しゃりんせき

日本の古墳時代前期につくられた腕輪形宝器の一種。オオツタノハを加工してつくった貝輪を碧玉(へきぎょく)や緑色凝灰岩などの石材で模したもので、鍬形(くわがた)石や石釧(いしくしろ)と同様に、初期の近畿政権の手によって一元的につくられ、各地の首長に配布されたものと考えられる。
 祖形の貝輪に忠実な形をした古いタイプのものは、外形が卵形で中央に円孔があり、全体が山形に反っている。山になっている側の面に放射状の凹面帯を彫刻しており、稜(りょう)や凹面帯の中央に刻線を施したものもある。しだいに裏面の反りがなくなって平坦(へいたん)なものが現れ、また、外形が円形のものも出現する。九州北部から関東地方という広い分布圏をもつが、古式のものは畿内(きない)を中心にした比較的狭い範囲でしか発見されていない。なお、車輪石という名称は江戸時代につけられたものだが、適切な名とはいえない。[渡辺貞幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

車輪石の関連キーワード鍬形石新山古墳石釧合子鈴釧蜻蛉玉山口県宇部市東岐波玉杖石製合子碧玉製腕飾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

車輪石の関連情報