コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉濁流 ごだくりゅう Wu Zhuo-liu

2件 の用語解説(呉濁流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉濁流
ごだくりゅう
Wu Zhuo-liu

[生]1900.6.2. 台湾,新竹県
[没]1976.10.7.
台湾の作家。名,建田。号,饒畊。台北師範学校卒業後,公学校で教鞭をとるかたわら,旧詩,小説を書いたが,1940年民族差別に怒り教員をやめ,新聞記者などをして生計を立てた。第2次世界大戦下に日本語で書いた小説『アジアの孤児』は,植民地支配下の台湾知識人の苦悩を描いた代表作で,1946年台湾光復後にようやく発表された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごだくりゅう【呉濁流 Wú Zhuó liú】

1900‐76
中国,台湾の作家。本名建田。台湾新竹県の生れ。台北師範学校卒業後,教師,新聞記者などをするかたわら,創作に従事。日本統治下の台湾に生きる知識人の苦難を描いた長編《アジアの孤児》(1943‐45)は,台湾のリアリズム文学の代表作となった。1969年には呉濁流文学賞が設けられ,現実批判を主流とする郷土文学の発展に寄与。《呉濁流作品集》6巻がある。【吉田 富夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呉濁流の関連キーワード樽野武雄新竹台湾猿台湾茶台湾坊主若竹煮台湾パナマ台湾檜台湾高速鉄道岐阜県恵那市武並町新竹折

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone