コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉線 くれせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉線
くれせん

山陽本線三原-海田市 (広島県) 間を海岸回りで結び,呉を通る鉄道。 JR西日本。全長 87.0km。軍港 (→海軍基地 ) 都市呉と広島を結ぶため,1903年開業,のち三原-呉間を建設して,35年全通した。海岸に迫るけわしい山地を走るため,トンネルや急曲線区間が多い。全線電化。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

呉線【くれせん】

三原〜呉〜海田市(かいたいち)間のJR線。営業キロ87.0km。1903年呉軍港と山陽鉄道を結ぶ鉄道として海田市〜呉間が開業,1935年三原〜呉間の三呉線が全通,あわせて呉線となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉線
くれせん

広島県の中南部を走る西日本旅客鉄道の線路名称。三原―呉―海田市(かいたいち)間87.0キロメートル、全線単線。山陽本線がこの区間では内陸部を走るのに対して、呉線は海岸沿いにつくられていて、沿線に呉、竹原などの都市がある。1903年(明治36)、呉軍港との連絡のため、海軍の要請によって海田市―呉間が開業、昭和に入って呉―三原間の建設にかかり、1930~1935年(昭和5~10)に開業した。三原―三津内海(みつうつみ)(現、安浦(やすうら))間は三呉線の名称で開通したが、1935年の全通とともに呉線に編入統合された。山陽本線の補助線と考えられ、一部の急行列車が呉線経由で運転された時代もあった。1970年(昭和45)全線直流電化された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

呉線の関連キーワード広島県安芸郡海田町川尻(広島県)東広島[市]安芸津[町]広島[駅]海田[町]川尻[町]竹原[市]安浦[町]呉[市]坂[町]呉(市)広島市広島城木村城海田町竹原市三原市坂町仁方

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呉線の関連情報