安浦(読み)やすうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安浦
やすうら

広島県南西部,呉市北東部の旧町域。瀬戸内海に臨む。 1944年内海町,三津口町の2町と野路村が合体して安浦町が発足。 1958年安登村の大部分を編入。 2005年呉市に編入。東部の三津口は,かつて安芸津とともに西条米の積出港であった。米作が主で,ほかにミカン,ブドウ,野菜が栽培される。漁業は三津湾でのカキ養殖が中心,工業は呉から移転した機械,家具工業が立地。西境の野呂山一帯は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安浦
やすうら

広島県南部、豊田(とよた)郡にあった旧町名(安浦町(ちょう))。現在は呉(くれ)市の北東部を占める地域。瀬戸内海に面しているが、野呂(のろ)山(839メートル)など山地が多く、平地に乏しい。旧安浦町は1944年(昭和19)賀茂(かも)郡の内海(うちのうみ)、三津口(みつぐち)の2町と野路(のろ)村が合併して成立。1956年(昭和31)豊田郡に編入。1958年安登(あと)村を編入。2005年(平成17)呉市に編入。旧町域の海岸沿いをJR呉(くれ)線と国道185号が走る。米作、野菜・果樹栽培や、沿岸漁業、カキ・ノリ養殖が行われ、花卉(かき)栽培も盛ん。南部には3平方キロメートル以上に及ぶリゾート施設「グリーンピアせとうら」があり、海浜レクリエーション地となっている。野呂山一帯や三津湾の栢(かしわ)島、馬島、小熊(こくま)島は瀬戸内海国立公園域。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安浦の関連情報