コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安浦 やすうら

2件 の用語解説(安浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安浦
やすうら

広島県南西部,呉市北東部の旧町域。瀬戸内海に臨む。 1944年内海町,三津口町の2町と野路村が合体して安浦町が発足。 1958年安登村の大部分を編入。 2005年呉市に編入。東部の三津口は,かつて安芸津とともに西条米の積出港であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安浦
やすうら

広島県南部、豊田(とよた)郡にあった旧町名(安浦町(ちょう))。現在は呉(くれ)市の北東部を占める地域。瀬戸内海に面しているが、野呂(のろ)山(839メートル)など山地が多く、平地に乏しい。旧安浦町は1944年(昭和19)賀茂(かも)郡の内海(うちのうみ)、三津口(みつぐち)の2町と野路(のろ)村が合併して成立。1956年(昭和31)豊田郡に編入。1958年安登(あと)村を編入。2005年(平成17)呉市に編入。旧町域の海岸沿いをJR呉(くれ)線と国道185号が走る。米作、野菜・果樹栽培や、沿岸漁業、カキ・ノリ養殖が行われ、花卉(かき)栽培も盛ん。南部には3平方キロメートル以上に及ぶリゾート施設「グリーンピアせとうら」があり、海浜レクリエーション地となっている。野呂山一帯や三津湾の栢(かしわ)島、馬島、小熊(こくま)島は瀬戸内海国立公園域。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安浦の関連キーワード広島湾瀬戸内宮島[町]由宇[町]蒲刈〈町〉広島県呉市北塩屋町広島県安芸郡熊野町広島県呉市倉橋町広島県呉市警固屋広島県呉市瀬戸見町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安浦の関連情報