コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉虞 ごぐWu Yu

4件 の用語解説(呉虞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉虞
ごぐ
Wu Yu

[生]同治10(1871).成都
[没]1949
中国,清末~民国の思想家。字は又陵。号は師今堂。 1906年日本に留学し,中国の後進性を痛感,帰国後,法制,哲学を研究して,家族制度と儒教の癒着が中国後進性の元凶という結論に達し,その批判を展開したが,清政府の威圧でいったん郷里に帰る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

呉虞【ごぐ】

中国近代の思想家。四川省生れ。清末,日本に留学。中国衰退の原因を儒教的家族制度にありとし,西欧の法哲学を研究,反儒教的風潮の中心となった。清潮の圧迫を受け,四川に難を避けたが,民国成立後は《新青年》によって反孔子思想を展開。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごぐ【呉虞 Wú Yú】

1872‐1949
中国の思想家,五・四新文化運動の有力な論客。字は又陵。四川省成都の出身。国学の素養と自己の悲惨な父子関係の体験とから儒教排撃の論陣を《新青年》誌上に張り,とりわけ儒教の根本である〈孝〉を論破し,家族制の弊害をついて新文化運動の一つの柱である〈反孔教〉の先頭に立った。《新青年》に発表された〈家族制度は専制主義の根拠たるの論〉が代表的論文。その激烈な言論は胡適から〈中国思想界の道路掃除夫〉と称された。五・四運動ののち北京大学教授となったが,行動と言論が一致せず,やがて時代から置去りにされ,失意のうちに四川に帰り晩年を送った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉虞
ごぐ / ウーユイ
(1872―1949)

中国近代の思想家。字(あざな)は又陵(ゆうりょう)。四川(しせん/スーチョワン)省成都(せいと/チョントゥー)の人。1907年(明治40)東京に遊学して近代思想に接し、老荘思想に西洋思想を加えて独自の儒教批判の立場を築くが、成都に帰郷後は清(しん)朝および袁世凱(えんせいがい)政府の弾圧にあって逼塞(ひっそく)していた。1916年雑誌『新青年』に「家族制度こそ専制主義の基礎である」を寄稿したのをはじめ、「儒家が階級制度を主張することの害毒」など痛烈な儒教批判の論文を次々に発表して新文化運動(文学革命)の一翼を担い、「隻手(せきしゅ)で孔家店を打倒した老英雄」(胡適(こてき))と称せられた。その後北京(ペキン)大学教授、四川大学教授を歴任したが、晩年は隠遁生活を送った。著述集に『呉虞文録』(1921)『呉虞文続録別録』(1932)『呉虞日記』(1986)がある。[丸山松幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の呉虞の言及

【孔子批判】より

…〈民主と科学〉を旗じるしとする雑誌《新青年》を中心に,中国の社会と文化を改革するためには,中国の封建体制の基礎となっている家族制度とそれを支えてきた孔子の教え(儒教)を否定せねばならぬ,という認識が進歩的知識人の共通のものとなった。陳独秀は〈孔子の道と現代生活〉など多くの文章で,孔子の思想が封建的なものであって民主主義とは両立しえないと主張し,呉虞は〈儒教の害毒は洪水猛獣〉のごとくはなはだしいものだと痛烈に批判し,魯迅は,儒教は〈人が人を食う〉教えであるとのべて《狂人日記》のなかで,人を食ったことのない(儒教に毒されぬ)子供を救え,と書いた。このほか,胡適,李大釗(りたいしよう),周作人,銭玄同,易白沙,高一涵など多くの人々が儒教の打倒を論じた。…

※「呉虞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

呉虞の関連キーワード廃藩置県新教育高田藩北海道開拓田畑勝手作許可モルガンウォーターズカション片岡健吉ガビンズ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone