コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼ばう/喚ばう ヨバウ

デジタル大辞泉の解説

よば・う〔よばふ〕【呼ばう/喚ばう】

[動ワ五(ハ四)]《動詞「よ(呼)ぶ」の未然形+接尾語「ふ」から》
呼びつづける。何回も呼ぶ。
「『行徳!』と―・って入って来て勝手口へ荷をおろす出入の魚屋の声も」〈藤村・桜の実の熟する時〉
(「夜這う」「婚う」とも書く)言い寄る。求婚する。また、女の所へ忍んで通う。
「女のえ得まじかりけるを年を経て―・ひわたりけるを」〈伊勢・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

呼ばう/喚ばうの関連キーワード八木重吉夜這い

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android