コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉津島神社 タマツシマジンジャ

大辞林 第三版の解説

たまつしまじんじゃ【玉津島神社】

玉津島にある神社。祭神は稚日女尊・神功皇后・衣通姫。古来、和歌の神として尊崇された。玉津島明神。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の玉津島神社の言及

【玉津島】より

…和歌山市和歌浦にあった島で,現在は陸続き。衣通(そとおり)姫などを祭神とする玉津島神社が鎮座し,景観にすぐれた和歌浦の中核をなす地として,古く,聖武天皇などの行幸もあった。《万葉集》巻六に載る山部赤人の長歌に〈神代より然(しか)そ尊き 玉津島山〉と詠まれ,〈わたの原よせくる浪のしばしばも見まくのほしき玉津島かも〉(《古今和歌集》巻一,よみ人しらず),〈玉津島たえぬ流れを汲む袖に昔をかけよ和歌の浦なみ〉(《秋篠月清集》藤原良経)など詠歌は多い。…

※「玉津島神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉津島神社の関連キーワード和歌山県和歌山市和歌浦中和歌山(市)北村季吟北村湖春森河章尹北村正立衣通姫玉津島

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉津島神社の関連情報