コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣通姫 そとおりひめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衣通姫
そとおりひめ

允恭天皇の妃。衣通郎姫(そとおりのいらつめ)ともいう。皇后忍坂大中姫(おさかのおおなかつひめ)の妹。艶色が衣を通し照り輝いたから,こう呼ばれた。皇后のねたみを恐れ河内に姿を隠した。美貌で和歌に優れ,和歌山市和歌浦にある玉津島神社にまつられる。『古今集』序に記され,以後長く美人の例に引かれ,多くの文学の題材となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そとおり‐ひめ〔そとほり‐〕【衣通姫】

《美しさが衣を通して輝く姫の意》允恭(いんぎょう)天皇の妃。皇后忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)の妹。皇后のそねみを考えて河内(かわち)に隠れた。和歌三神の一として、和歌山市の玉津島神社に祭られている。衣通郎女(そとおりのいらつめ)。弟姫(おとひめ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そとおりひめ【衣通姫】

記紀に登場する伝説上の女性。その名は、容姿が美しく、艶色が衣を通して光り輝いたことによるという。古事記の允恭天皇の皇女軽大郎女かるのおおいらつめ、日本書紀の允恭天皇の皇后衣通郎女そとおりのいらつめ(弟姫おとひめ)の別名とされる。後世、和歌三神の一人として和歌山市の玉津島神社にまつられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衣通姫
そとおりひめ

日本書紀』では、允恭(いんぎょう)天皇の皇后の忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)の弟姫、『古事記』では同じ皇后の子の軽大郎女(かるのおおいらつめ)の名とする。もとは古代の美人伝承の主人公か。衣通姫の名の由縁(ゆえん)は、その美しさが衣を通って輝いていたゆえという。記では、太子の木梨之軽王(きなしのかるのきみ)が、禁じられた姫との同母兄妹婚のために支持を失って道後(どうご)温泉(愛媛県松山市)の地に移され、後を追ってきた姫とともに自害する。紀では、天皇のお召しを拒みえなかった姫が、寵愛(ちょうあい)を受けつつも姉の心情を思って和泉(いずみ)の茅渟(ちぬ)(大阪府)に退く。物語はともに歌謡を含み、人物、展開を異にしつつも、逆らいえない愛を生きた運命の人として美しく姫を語っている。[吉井 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

衣通姫の関連キーワード忠岡三千子小野小町吉井お絹三聖

衣通姫の関連情報