コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田清 わだ せい

デジタル大辞泉の解説

わだ‐せい【和田清】

[1890~1963]東洋史学者。神奈川の生まれ。東大教授。満蒙史・中国政治史専攻。著「東亜史研究」「中国史概説」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田清 わだ-せい

1890-1963 大正-昭和時代の東洋史学者。
明治23年11月15日生まれ。昭和8年母校東京帝大の教授となる。のち日大教授,東洋文庫専務理事。学士院会員。昭和38年6月22日死去。72歳。神奈川県出身。著作に「内蒙古諸部落の起源」「東亜史論藪(ろんそう)」「中国史概説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

わだせい【和田清】

1890‐1961(明治23‐昭和36)
東洋史学者。神奈川県茅ヶ崎の旧家地主の出身。東大文科で白鳥庫吉らに学び,モンゴル史の研究から入って広く東アジア史全般に通じた。多年東大教授として多数のアジア史研究者を育成するとともに,東洋文庫研究部長として蒐書と研究推進に努め,学術会議,学士院会員となる。主著に《東亜史論藪》のほか《東亜史研究》(蒙古篇・満洲篇),《中国史概説》(上・下)があり,《明史食貨志訳註》(上・下)を主編した。【池田 温】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田清
わだせい

[生]1890.11.15. 神奈川
[没]1963.6.22. 東京
東洋史学者。明・清史,満州・モンゴル史,東南アジア史の大家。 1915年東京大学文科大学史学科を卒業。 22年東京大学文学部講師,27年助教授,33年教授となる,41~51年東洋史学科主任。 51年日本学士院会員。その指導のもとに多くの東洋史学者が輩出した。財団法人東洋文庫の経営に努力し,『東洋学報』の編集に功労があった。主著は『内蒙古諸部落の起源』『東亜史論叢』『中国史概説』『東亜史研究 (満州編) 』『東亜史研究 (蒙古編) 』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

和田清の関連キーワード東南アジア史魏志倭人伝昭和時代平田篤胤和田清香和田助家大正角座和田

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android