コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲学の貧困 てつがくのひんこんMisère de la philosophie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

哲学の貧困
てつがくのひんこん
Misère de la philosophie

1847年のカール・マルクスの著書。副題に「プルードン氏の貧困の哲学への答え」とあるように,フランスの無政府主義的社会主義者 P.プルードンの著書『経済的諸矛盾の体系,あるいは貧困の哲学』 (1846) を批判したもの。この書でマルクスは,プルードンの思想を,空想的,改良主義的と徹底的に批判し,さらにマルクス主義経済学の基礎を明確化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哲学の貧困
てつがくのひんこん
Misre de la Philosophie, Rponse la philosophie de la misre de M. Proudhon

マルクスが、プルードンの著作『経済的諸矛盾の体系、または貧困の哲学』(1846)に批判を加えた書物。初版は1847年にフランス語で刊行。以来マルクスとプルードンとの関係は断絶した。マルクスのプルードン批判は、プルードンが科学的弁証法の方法を把握せず、経済的カテゴリーを先在的な永遠の理念に仕立てあげる思弁哲学に陥り、経済学の知識が不十分で交換価値の理解が間違っており、社会問題の解決のための公式を先験的にひねり出すユートピア主義にたっている点に向けられている。結論として、マルクスは、無政府主義者プルードンのこの著作を「小ブルジョア社会主義の法典」と規定しているが、他方、この時代にすでにマルクスの史的唯物論ないし唯物弁証法が確立していたことを、この著作は示している。[古賀英三郎]
『高木佑一郎訳『哲学の貧困』(大月書店・国民文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

哲学の貧困の関連キーワードマルクス(Karl Heinrich Marx)マルクス経済学空想的社会主義対自的階級正・反・合

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android