コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲学の貧困 てつがくのひんこん Misère de la philosophie

2件 の用語解説(哲学の貧困の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

哲学の貧困
てつがくのひんこん
Misère de la philosophie

1847年のカールマルクスの著書。副題に「プルードン氏の貧困の哲学への答え」とあるように,フランス無政府主義社会主義者 P.プルードンの著書『経済的諸矛盾の体系,あるいは貧困の哲学』 (1846) を批判したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哲学の貧困
てつがくのひんこん
Misre de la Philosophie, Rponse la philosophie de la misre de M. Proudhon

マルクスが、プルードンの著作『経済的諸矛盾の体系、または貧困の哲学』(1846)に批判を加えた書物。初版は1847年にフランス語で刊行。以来マルクスとプルードンとの関係は断絶した。マルクスのプルードン批判は、プルードンが科学的弁証法の方法を把握せず、経済的カテゴリーを先在的な永遠の理念に仕立てあげる思弁哲学に陥り、経済学の知識が不十分で交換価値の理解が間違っており、社会問題の解決のための公式を先験的にひねり出すユートピア主義にたっている点に向けられている。結論として、マルクスは、無政府主義者プルードンのこの著作を「小ブルジョア社会主義の法典」と規定しているが、他方、この時代にすでにマルクスの史的唯物論ないし唯物弁証法が確立していたことを、この著作は示している。[古賀英三郎]
『高木佑一郎訳『哲学の貧困』(大月書店・国民文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

哲学の貧困の関連キーワードカールマルクスシュタットマルクス物象化マルクスレーニン主義ジャックスカードアクルクスマルクス一番乗りマルクスの二挺拳銃カール・マルクス・シュタット《カールスバートのマルクス》カール・マルクス大学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

哲学の貧困の関連情報