コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐律疏議 とうりつしょぎTang-lü-shu-yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐律疏議
とうりつしょぎ
Tang-lü-shu-yi

中国,唐代の刑法典である律と,その公権的注釈である律疏との合本。唐永徽4 (653) 年に成った律疏を改訂した唐開元 25年律疏 (737) をおもな内容としている。唐律は唐代だけでなく宋代の終りまで,特別法と抵触しないかぎりにおいて,効力をもち続けていた。元になって唐律は廃止されたが,かえって参考文献として広く読まれるようになった。そのような需要に応じて,元代に,『故唐律疏議』または単に『唐律疏議』という名で,幾種もの版本が作られた。これによって唐律は現代まで伝存することとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうりつそぎ【唐律疏議 Táng lǜ shū yì】

中国,唐代の刑法典たる律の官撰注釈書。30巻。唐の長孫無忌らの奉勅撰と伝えられる。《唐律》12編500条(実は502条)の各条にわたって字句の解釈をほどこすとともに,疑義の生じそうな条には適用に関する問答を付していて,唐代のみならず,中国刑法史の研究上もっとも重要な書である。本書は653年(永徽4)に長孫無忌らによって編集された《永徽律疏》とされてきたが,仁井田陞らは737年(開元25)に李林甫らによって編纂された《開元律疏》であると主張した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐律疏議
とうりつそぎ

中国、唐の刑法典である律およびその官撰(かんせん)注釈書に基づく刑書。「故唐律疏議」ともいう。従来、唐律に対する官撰注釈書の『律疏』と同一視されてきたが、正確には737年の律と律疏を取り合わせて宋(そう)以後につくられた刑書で、『宋刑統』の影響もみられる。全30巻12篇(へん)(名例、衛禁、職制、戸婚、厩庫(きゅうこ)、擅興(せんこう)、賊盗、闘訟、詐偽(さぎ)、雑、捕亡、断獄)502条。亡佚(ぼういつ)した唐の『律疏』研究の基本史料である。宋末元初刊の滂熹斎(ぼうきさい)本が現存最古版と考えられる。利用には岱南閣(たいなんかく)本系統が便利。[岡野 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

唐律疏議の関連キーワード律令格式(りつれいかくしき)律令格式宋刑統岡野碾磑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android