コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断獄 ダンゴク

3件 の用語解説(断獄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だん‐ごく【断獄】

罪を裁くこと。断罪。
罪を裁いて斬罪に処すること。打ち首。死罪。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だんごく【断獄】

罪をさばくこと。断罪。
斬罪に処すること。うちくび。 「 -場」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断獄
だんごく

律令(りつりょう)の刑事訴訟手続。断獄の普通裁判管轄は、断罪(判決を下すこと)と決行(刑罰の執行)との二つの標準によって定まったが、両者をともに有するのは天皇および太政官(だいじょうかん)だけで、それ以下の裁判所はすべての犯罪につき断罪権は有するが、決行権を有するのは特定の犯罪に限られた。断獄の初審裁判権は犯罪地を管轄する官司に属した。断獄の手続は原則として、弾正台(だんじょうだい)の糾弾、本司の挙劾または被害者もしくは公衆の告言によって開始された。断獄における審理は鞫獄(きくごく)といったが、鞫獄は告言の範囲にとどまるべきものとされた。断罪には原則として自白を要したので、犯罪の嫌疑が濃厚であって、しかも自白しない場合には、拷問を行うことが許された。なお判決文を断文と称し、断文にはかならず律令格式(きゃくしき)の正文を引用することになっていた。[石井良助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の断獄の言及

【裁判】より

…【平松 義郎】
[近代]
 明治になった当初は行政権と司法権は混交状態にあったが,1871年(明治4)に司法省が設けられ,72年に江藤新平が司法卿となって以来,両者の分離が進められた。当時は民事裁判を聴訟,刑事裁判を断獄といった。刑事裁判に関しては,フランス法に範をとった治罪法が1870年に公布され(1872施行),90年にはこれを改正した(旧々)刑事訴訟法が公布された。…

※「断獄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

断獄の関連キーワード閻魔の庁悔悛公事所罪人司直断罪断ずる罪を着せる物裁ち犯罪を犯す

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone