コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐詩品彙 とうしひんいTang-shi pin-hui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐詩品彙
とうしひんい
Tang-shi pin-hui

中国の唐詩選集。明の高へい (こうへい) の編。 90巻,拾遺 10巻。洪武 26 (1393) 年成立。拾遺は同 31年成立。五言古詩に始り,七言律詩にいたる詩を詩体別に分類し,各詩体のなかを正始,正宗大家名家羽翼,接武,正変,余響,旁流の9目に分け,ほぼ初唐を正始,盛唐を正宗,大家,名家,羽翼,中唐を接武,晩唐を正変,余響にあて,僧侶,女流詩人などを旁流に収め,90巻には 620人,5769首,拾遺 10巻に 61人,950首を収録。文学のうえで唐代を初,盛,中,晩に分ける四変説は,ほぼ本書で定着し,その年代についても高へいの説が一つの標準となっている。なお高へいはその後本書からすぐれた作品 1010首を選んで『唐詩正声』を編纂した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐詩品彙
とうしひんい

中国、唐詩の総集。90巻、拾遺10巻。明(みん)の高(こうへい)の編選。正集は1393年、拾遺は1398年に成立。収めた詩人数と作品数は正集が620人・5769首、拾遺が61人・954首。詩体別に編まれているが、詩体のなかを正始、正宗、大家、名家、羽翼、接武、正変、余響、旁流(ぼうりゅう)の九品に分かち、正始に初唐、正宗より羽翼までに盛唐、接武・正変に中唐、余響に晩唐の詩人を収め、旁流には無名・僧侶(そうりょ)・女流詩人などを収める。唐詩を初盛中晩の四期に分ける方法は、宋(そう)の厳羽の『滄浪詩話(そうろうしわ)』や元の楊士弘(ようしこう)の『唐音』の説を襲ったものだが、「詩は盛唐」を標榜(ひょうぼう)する古文辞派の文学主張に与えた影響は大きい。日本でも翻刻され流布した。[和泉 新]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

唐詩品彙の関連キーワード高棅和泉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android