コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唱言 となえごと

1件 の用語解説(唱言の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

となえごと【唱言】

ことわざが人に用いられるのに対して,主に神仏や精霊など目に見えないものに祈願したり呼びかけたりする定型的な文句をいう。集団で,とくに子どもが声をそろえて唱えるものが多く,意味もはっきりしている。信仰に起源をもつ唱言が多いため,信仰の衰退に伴い数は減じてきているが,今でも年中行事や神事の中に残っている。節分の〈福は内,鬼は外〉は代表的な例で,小正月には〈なるか,ならぬか〉〈なります,なります〉という成木(なりき)責めの問答形式の唱言や〈朝鳥ホイホイ,夕鳥ホイホイ〉と唱えながら子どもたちが村を巡回する鳥追などがあり,盆の精霊送り雨乞いにも先祖や水神に呼びかける唱言が使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唱言の関連キーワードメタルケーブル終止形御袋白土成語べかなりもて岩座フォール技

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone