コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唱言 となえごと

1件 の用語解説(唱言の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

となえごと【唱言】

ことわざが人に用いられるのに対して,主に神仏や精霊など目に見えないものに祈願したり呼びかけたりする定型的な文句をいう。集団で,とくに子どもが声をそろえて唱えるものが多く,意味もはっきりしている。信仰に起源をもつ唱言が多いため,信仰の衰退に伴い数は減じてきているが,今でも年中行事や神事の中に残っている。節分の〈福は内,鬼は外〉は代表的な例で,小正月には〈なるか,ならぬか〉〈なります,なります〉という成木(なりき)責めの問答形式の唱言や〈朝鳥ホイホイ,夕鳥ホイホイ〉と唱えながら子どもたちが村を巡回する鳥追などがあり,盆の精霊送り雨乞いにも先祖や水神に呼びかける唱言が使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報