商神(読み)あきないがみ

  • あきないがみ あきなひ‥

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商売守護の神の総称。商業都市が形成されて、生活基盤を得るようになった商人によって支えられた信仰。その方法は、講を組織したり、屋敷内に祠(ほこら)を設けたりいろいろである。京都市伏見(ふしみ)の稲荷(いなり)神や兵庫県西宮のえびす神、島根県出雲(いずも)の大黒神などが多くの信仰を集めた。えびす神は元来漁業の守護神であったものが、七福神の一つとして商業守護神となっていったものである。同業によるえびす講の結成は中世末期から現れているが、江戸中期以降、京坂の誓文払い、江戸の戎(えびす)講は呉服商を中心に、大売り出しを行うようになった。10月20日の講に対して、1月10日あるいは20日を十日えびす、初えびすという。

 商神を広く職業の神とみなせば、酒造業者には京都市の松尾(まつのお)大社、奈良県の大神(おおみわ)神社が、漁業従事者には香川県の金刀比羅(ことひら)宮、宮城の塩竈(しおがま)神社、大阪市の住吉(すみよし)神社が祀(まつ)られており、中国地方の鍛冶(かじ)屋やたたら師は金屋子(かなやご)神に厚い信仰を寄せている。また、炭焼きや木こりの山神講、大工や桶(おけ)屋の太子講、馬方の観音講、牛方の大日講など、職業仲間によって営まれる講もあった。

[佐々木勝]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 商人のまつる神。恵比須神(えびすがみ)をいう。
※浄瑠璃・国性爺後日合戦(1717)参宮「商神(アキナヒガミ)は戎三郎」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android