コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多源逸 きた げんいつ

3件 の用語解説(喜多源逸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多源逸 きた-げんいつ

1883-1952 明治-昭和時代の工業化学者。
明治16年4月8日生まれ。母校東京帝大の助教授をへて,大正11年京都帝大教授となり,昭和5年同大化学研究所長。23年浪速大(現大阪府立大)初代学長。燃料,人造繊維,合成ゴムなどの研究で知られ,日本化学会会長をつとめた。昭和27年5月21日死去。69歳。奈良県出身。著作に「油脂化学及試験法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

きたげんいつ【喜多源逸】

1883~1952) 工業化学者。奈良県生まれ。京大教授。人造繊維・合成石油・合成ゴムの製造法を研究。日本における工業化学の創始者の一人で、多くの弟子を育成。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜多源逸
きたげんいつ
(1883―1952)

工業化学者。奈良県に生まれる。第三高等学校を経て東京帝国大学工科大学応用化学科を1906年(明治39)に卒業。1907年同大学講師、1908年助教授、1916年(大正5)京都帝国大学工科大学助教授に転じ欧米に留学、1922年同大学教授、1943年(昭和18)定年退官した。その間、理化学研究所研究員、京大化学研究所所長を兼務、退官後に浪速(なにわ)大学(現、大阪府立大学)初代学長に就任。京大時代の研究は油脂、化学繊維、燃料、ゴムなどに及び、ビスコースに関する研究、強力人造繊維製造法、人造石油製造法、アセチレンからの合成ゴム製造に関する研究はとくに著名。著書に『油脂化学及び試験法』(1932)、『最近工業薬品製造法』(1916)、田中芳雄(よしお)(1881―1966)との共著『有機製造工業化学』(1913)その他がある。京大燃料化学科の開設、日本化学繊維研究所の創立に尽力した。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜多源逸の関連キーワード中沢良夫井上春成笠原道夫加藤武夫金子喜代太出口すみ子藤堂良譲広瀬哲士丸沢常哉八谷泰造

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone