コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多源逸 きた げんいつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多源逸 きた-げんいつ

1883-1952 明治-昭和時代の工業化学者。
明治16年4月8日生まれ。母校東京帝大の助教授をへて,大正11年京都帝大教授となり,昭和5年同大化学研究所長。23年浪速大(現大阪府立大)初代学長。燃料,人造繊維,合成ゴムなどの研究で知られ,日本化学会会長をつとめた。昭和27年5月21日死去。69歳。奈良県出身。著作に「油脂化学及試験法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きたげんいつ【喜多源逸】

1883~1952) 工業化学者。奈良県生まれ。京大教授。人造繊維・合成石油・合成ゴムの製造法を研究。日本における工業化学の創始者の一人で、多くの弟子を育成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜多源逸
きたげんいつ
(1883―1952)

工業化学者。奈良県に生まれる。第三高等学校を経て東京帝国大学工科大学応用化学科を1906年(明治39)に卒業。1907年同大学講師、1908年助教授、1916年(大正5)京都帝国大学理工科大学助教授に転じ欧米に留学、1922年同大学教授、1943年(昭和18)定年退官した。その間、理化学研究所研究員、京大化学研究所所長を兼務、退官後に浪速(なにわ)大学(現、大阪府立大学)初代学長に就任。京大時代の研究は油脂、化学繊維、燃料、ゴムなどに及び、ビスコースに関する研究、強力人造繊維製造法、人造石油製造法、アセチレンからの合成ゴム製造に関する研究はとくに著名。著書に『油脂化学及び試験法』(1932)、『最近工業薬品製造法』(1916)、田中芳雄(よしお)(1881―1966)との共著『有機製造工業化学』(1913)その他がある。京大燃料化学科の開設、日本化学繊維研究所の創立に尽力した。[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

喜多源逸の関連キーワード田中芳雄昭和時代合成石油福井謙一創始者

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android