コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多源逸 きた げんいつ

3件 の用語解説(喜多源逸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多源逸 きた-げんいつ

1883-1952 明治-昭和時代の工業化学者。
明治16年4月8日生まれ。母校東京帝大の助教授をへて,大正11年京都帝大教授となり,昭和5年同大化学研究所長。23年浪速大(現大阪府立大)初代学長。燃料,人造繊維,合成ゴムなどの研究で知られ,日本化学会会長をつとめた。昭和27年5月21日死去。69歳。奈良県出身。著作に「油脂化学及試験法」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜多源逸
きたげんいつ
(1883―1952)

工業化学者。奈良県に生まれる。第三高等学校を経て東京帝国大学工科大学応用化学科を1906年(明治39)に卒業。1907年同大学講師、1908年助教授、1916年(大正5)京都帝国大学工科大学助教授に転じ欧米に留学、1922年同大学教授、1943年(昭和18)定年退官した。その間、理化学研究所研究員、京大化学研究所所長を兼務、退官後に浪速(なにわ)大学(現、大阪府立大学)初代学長に就任。京大時代の研究は油脂、化学繊維、燃料、ゴムなどに及び、ビスコースに関する研究、強力人造繊維製造法、人造石油製造法、アセチレンからの合成ゴム製造に関する研究はとくに著名。著書に『油脂化学及び試験法』(1932)、『最近工業薬品製造法』(1916)、田中芳雄(よしお)(1881―1966)との共著『有機製造工業化学』(1913)その他がある。京大燃料化学科の開設、日本化学繊維研究所の創立に尽力した。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

喜多源逸の関連キーワード級化層理日中関係アルマン条約電気事業大本教日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ウィンチェスタープチャーチン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone