コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗜む タシナム

デジタル大辞泉の解説

たしな・む【×嗜む】

[動マ五(四)]
このんで親しむ。愛好する。「酒を―・む」
このんでそのことに励んでいる。芸事などの心得がある。「謡曲を―・む」
つつしむ。気をつける。用心する。「少しは行いを―・みなさい」
前もって用意しておく。心掛ける。
「自然、鬚(ひげ)を剃らうと思うて、某(それがし)は剃刀(かみそり)を―・うだ」〈続狂言記・六人僧〉
見苦しくないように整える。
「下女までも、堪忍なる程に―・みける」〈浮・好色盛衰記・四〉

たし・む【×嗜む】

[動マ五(四)]このむ。すく。たしなむ。たしぶ。
「御米は又酸いものを―・む人となった」〈漱石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たしなむ【嗜む】

( 動五[四] )
芸事などを習って身につける。 「お茶を-・む」
好んで親しむ。好んで熱心にする。 「酒は-・む程度」 「この道を-・む人は…詠み捨つること侍るべからず/毎月抄」
自分のおこないに気をつける。つつしむ。 「我が身を-・む」 「飾厲は-・ましめと云そ/蒙求抄」
ふだんから心がけておく。用意しておく。 「自然鬚を剃らうと思うて、某それがしは剃刀を-・うだ/狂言記・六人僧」
きちんとした身なりをする。 「俄に-・む衣紋付/浄瑠璃・博多小女郎

たしむ【嗜む】

( 動四 )
たしなむ(嗜) 」に同じ。 「某それがしは兎角とかく遊戯を-・まず/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嗜むの関連キーワード金原亭 馬生(10代目)坂東彦三郎(3代)自由太刀余波鋭鋒ジム コープリールッキィ・ナパ水之江 文二郎塚田与右衛門北白川宮富子玉木 リツ武家諸法度山田 きみ日高 昌克齋藤準之介かみそり松尾芭蕉大町桂月河合曾良寺町百庵財部静治赤松秋錦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嗜むの関連情報