コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗜む(読み)タシナム

デジタル大辞泉の解説

たしな・む【×嗜む】

[動マ五(四)]
このんで親しむ。愛好する。「酒を―・む」
このんでそのことに励んでいる。芸事などの心得がある。「謡曲を―・む」
つつしむ。気をつける。用心する。「少しは行いを―・みなさい」
前もって用意しておく。心掛ける。
「自然、鬚(ひげ)を剃らうと思うて、某(それがし)は剃刀(かみそり)を―・うだ」〈続狂言記・六人僧〉
見苦しくないように整える。
「下女までも、堪忍なる程に―・みける」〈浮・好色盛衰記・四〉

たし・む【×嗜む】

[動マ五(四)]このむ。すく。たしなむ。たしぶ。
「御米は又酸いものを―・む人となった」〈漱石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たしなむ【嗜む】

( 動五[四] )
芸事などを習って身につける。 「お茶を-・む」
好んで親しむ。好んで熱心にする。 「酒は-・む程度」 「この道を-・む人は…詠み捨つること侍るべからず/毎月抄」
自分のおこないに気をつける。つつしむ。 「我が身を-・む」 「飾厲は-・ましめと云そ/蒙求抄」
ふだんから心がけておく。用意しておく。 「自然鬚を剃らうと思うて、某それがしは剃刀を-・うだ/狂言記・六人僧」
きちんとした身なりをする。 「俄に-・む衣紋付/浄瑠璃・博多小女郎

たしむ【嗜む】

( 動四 )
たしなむ(嗜)」に同じ。 「某それがしは兎角とかく遊戯を-・まず/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嗜むの関連情報