気に入る(読み)きにいる

精選版 日本国語大辞典「気に入る」の解説

き【気】 に 入(い)

① 心にかなう。満足する。好きになる。
※虎明本狂言・角水聟(室町末‐近世初)「おごうかまへてきにいるやうに致せ」
きげんをとる。とりいる。あやす。
史記抄(1477)一二「始終よいやうにはせいで、一旦王の気に入んとばかり思たほどに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気に入る」の解説

・る

好みに合う。
他人の機嫌をとる。
「色々お―・りて、すかし給へども」〈浮・好色盛衰記〉
[類語]好む好く嗜む満足満悦充足飽満自足自得会心自己満足本望満ち足りる心行く堪能満喫安住安んずる甘んずる十分十全嬉しい楽しい面白い喜ばしい喜び愉快痛快結構喜悦有頂天納得慊焉けんえん三平思わしい上機嫌ご機嫌おんの字足りる足る舞い上がる満たす気を良くする溜飲りゅういんを下げる言うことなし意に適ううきうきうはうはわくわくいそいそぞくぞく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android