コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好く スク

2件 の用語解説(好くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

す・く【好く】

[動カ五(四)]
人や物事に心が引きつけられる。魅力を感じる。このむ。「だれからも―・かれる」「かけ事はどうも―・かない」
異性として愛情をいだく。「―・いて―・かれて一緒になる」「―・いたどうし」
風流の道に心を寄せる。
「よき人はひとへに―・けるさまにもみえず、興ずるさまも等閑(なほざり)なり」〈徒然・一三七〉
好色である。多情である。
「―・きたる罪重かるべし」〈・帚木〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すく【好く】

( 動五[四] )
ある人に好感をもつ。 「誰からも-・かれる人」 「私はああいうタイプの人は-・かない」
特定の異性に愛情をいだく。 「 - ・いて-・かれた仲」
ある物・事を気に入る。このむ。 「犬より猫を-・く」 「にぎやかなのを-・く」
風流の道に心を寄せる。情趣を解する。 「すぐれて心-・き給へる人にて/平家 1
色好みである。多情である。 「昔の若人は、さる-・ける物思ひをなむしける/伊勢 40
ある対象に深く執着する。熱中する。 「大なる屋の-・きたるうちに/著聞 3」 「なんぢら、いやしきものの身として、連歌に-・く事きどくな事ぢや/狂言・連歌十徳」 〔現代語では格助詞「を」をとり、「…を好く」の形が用いられるが、室町時代までは「…に好く」の形が一般的であった〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

好くの関連キーワード仰向く空くそよ吹く見向く破く病み付く心が引かれるときめ・く常懐かし引続く

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

好くの関連情報