好く(読み)スク

デジタル大辞泉「好く」の解説

す・く【好く】

[動カ五(四)]
人や物事に心が引きつけられる。魅力を感じる。このむ。「だれからも―・かれる」「かけ事はどうも―・かない」
恋愛感情をいだく。「―・いて―・かれて一緒になる」「―・いたどうし」
風流の道に心を寄せる。
「よき人はひとへに―・けるさまにもみえず、興ずるさまも等閑なほざりなり」〈徒然・一三七〉
好色である。多情である。
「―・きたる罪重かるべし」〈帚木
[類語]愛する恋する惚れるめる焦がれる思う慕う愛慕する思慕する恋慕する惚れこむれる見惚れる惚れ惚れ一目惚れ懸想けそう目尻を下げる思いを掛ける気がある惚れっぽい多情浮気移り気気が多い熱し易く冷め易い気移り心移り色気違いマダムキラーレディーキラー好き者助平すけべい漁色女好き男好きプレーボーイ女たらし女殺し好色好色家色好み鼻下長びかちょう手が早いちゃら浮気者艶福艶福家放蕩ほうとう蕩児とうじ遊蕩ゆうとう色魔女狂い男狂い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android