コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好く スク

デジタル大辞泉の解説

す・く【好く】

[動カ五(四)]
人や物事に心が引きつけられる。魅力を感じる。このむ。「だれからも―・かれる」「かけ事はどうも―・かない」
異性として愛情をいだく。「―・いて―・かれて一緒になる」「―・いたどうし」
風流の道に心を寄せる。
「よき人はひとへに―・けるさまにもみえず、興ずるさまも等閑(なほざり)なり」〈徒然・一三七〉
好色である。多情である。
「―・きたる罪重かるべし」〈帚木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すく【好く】

( 動五[四] )
ある人に好感をもつ。 「誰からも-・かれる人」 「私はああいうタイプの人は-・かない」
特定の異性に愛情をいだく。 「 - ・いて-・かれた仲」
ある物・事を気に入る。このむ。 「犬より猫を-・く」 「にぎやかなのを-・く」
風流の道に心を寄せる。情趣を解する。 「すぐれて心-・き給へる人にて/平家 1
色好みである。多情である。 「昔の若人は、さる-・ける物思ひをなむしける/伊勢 40
ある対象に深く執着する。熱中する。 「大なる屋の-・きたるうちに/著聞 3」 「なんぢら、いやしきものの身として、連歌に-・く事きどくな事ぢや/狂言・連歌十徳」 〔現代語では格助詞「を」をとり、「…を好く」の形が用いられるが、室町時代までは「…に好く」の形が一般的であった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

好くの関連キーワード料簡・了見・了簡好き合う・好合う好いたらしい在す・坐す和田厳足折悪しく『明暗』ビルマ語誓文腐れ山科言継浮かれ烏好き合う人好きてんぽ折好く吉野材店屋者寄付き身慎莫問ひ薬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

好くの関連情報