コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉悦氏房 かえつ うじふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘉悦氏房 かえつ-うじふさ

1833-1908 明治時代の政治家。
天保(てんぽう)4年1月生まれ。横井小楠門下。明治維新後,白川県(熊本県)権(ごんの)参事などを歴任。明治15年熊本県で九州改進党を組織した。また九州鉄道の敷設に尽力。熊本に広取黌(こうしゅこう)を設立し,教育にもつくした。26年衆議院議員。明治41年10月30日死去。76歳。肥後(熊本県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

嘉悦氏房

没年:明治41.10.30(1908)
生年:天保4.1(1833)
幕末から明治期にかけて活躍した民権系の政治家。肥後国(熊本県)上益城郡生まれ。横井小楠門下四天王のひとり。幕末,上京し,西郷隆盛をはじめ諸藩の志士と交わる。明治2(1869)年5月民部省監督大佑。9月胆沢県(岩手県)大参事。6年白川県(熊本県)権参事。その後,県令安岡良亮と対立し野に下り,緑川製糸所や広取黌を設立し,地域の産業,教育に力を尽くす。このころの門下生に内田康哉や林田亀太郎などがいる。13年県会議長。15年山田武甫らと九州改進党を設立。26年衆院議員。のちに憲政党東北支部長。<参考文献>武藤厳男編『肥後先哲偉蹟』

(佐々博雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

嘉悦氏房の関連キーワード嘉悦孝子細川護久安場保和明治時代

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android