コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九州鉄道 きゅうしゅうてつどう

百科事典マイペディアの解説

九州鉄道【きゅうしゅうてつどう】

明治期の大私鉄会社。三井,三菱,筑豊の炭鉱経営者などの出資で1888年創立,北九州を中心に路線延長,私鉄併合を進め,九州の鉄道網をほぼ独占した。1907年国有化により解散。
→関連項目鹿児島本線長崎本線日豊本線門司港[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九州鉄道
きゅうしゅうてつどう

1906年(明治39)の鉄道国有法により国に買収された17社の私設鉄道の一つ。門司―八代(やつしろ)間(現、鹿児島本線)、鳥栖(とす)―早岐(はいき)―長崎間(現、長崎本線、佐世保(させぼ)線、大村線)、小倉(こくら)―宇佐(うさ)間(現、日豊(にっぽう)本線)、若松―飯塚(いいづか)間(現、筑豊(ちくほう)本線)などを保有していた。福岡、熊本、佐賀の各県当局が民間と協力して会社を発起し、1889年(明治22)に博多(はかた)から南へ向かって開業したのを最初に、1898年までに門司―八代間や鳥栖―長崎間を完成、1897年に筑豊鉄道を合併したのに続き、伊万里(いまり)鉄道、豊州(ほうしゅう)鉄道、唐津(からつ)鉄道を統合して、九州北部一帯に及ぶ路線網をつくりあげた。とくに筑豊炭田には、炭坑からの石炭搬出のため、きわめて密な鉄道網が形成された。創業の際にドイツ人技師の鉄道敷設の指導を受けたため、当初の車両やレールなどはドイツ製品を用いていた。[和久田康雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

九州鉄道の関連キーワードJRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」福岡県北九州市門司区清滝田中徳次郎(1)西日本鉄道[株]高橋新吉(1)九州鉄道記念館博多駅の歴史門司港[駅]細川 雄二郎志立 鉄次郎牟田 万次郎大島 小太郎海東 要造牟田万次郎三山 近六上杉佐一郎井上保次郎志立鉄次郎嘉悦 氏房宮田[町]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九州鉄道の関連情報