コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九州鉄道 きゅうしゅうてつどう

2件 の用語解説(九州鉄道の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

九州鉄道【きゅうしゅうてつどう】

明治期の大私鉄会社。三井,三菱,筑豊の炭鉱経営者などの出資で1888年創立,北九州を中心に路線延長,私鉄併合を進め,九州の鉄道網をほぼ独占した。1907年国有化により解散。
→関連項目鹿児島本線長崎本線日豊本線門司港[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九州鉄道
きゅうしゅうてつどう

1906年(明治39)の鉄道国有法により国に買収された17社の私設鉄道の一つ。門司―八代(やつしろ)間(現、鹿児島本線)、鳥栖(とす)―早岐(はいき)―長崎間(現、長崎本線、佐世保(させぼ)線、大村線)、小倉(こくら)―宇佐(うさ)間(現、日豊(にっぽう)本線)、若松―飯塚(いいづか)間(現、筑豊(ちくほう)本線)などを保有していた。福岡、熊本、佐賀の各県当局が民間と協力して会社を発起し、1889年(明治22)に博多(はかた)から南へ向かって開業したのを最初に、1898年までに門司―八代間や鳥栖―長崎間を完成、1897年に筑豊鉄道を合併したのに続き、伊万里(いまり)鉄道、豊州(ほうしゅう)鉄道、唐津(からつ)鉄道を統合して、九州北部一帯に及ぶ路線網をつくりあげた。とくに筑豊炭田には、炭坑からの石炭搬出のため、きわめて密な鉄道網が形成された。創業の際にドイツ人技師の鉄道敷設の指導を受けたため、当初の車両やレールなどはドイツ製品を用いていた。[和久田康雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九州鉄道の関連キーワード三井高生筑豊炭田三井財閥三菱財閥相模鉄道七大私学豊の秋炭鉱住宅三井高堅

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九州鉄道の関連情報