コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉納治兵衛(5代) かのう じへえ

2件 の用語解説(嘉納治兵衛(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘉納治兵衛(5代) かのう-じへえ

1821-1870* 幕末-明治時代の酒造家。
文政4年6月16日生まれ。天保(てんぽう)13年(1842)嘉納家の跡をつぎ,明治のはじめまで経営にあたる。その間,兵庫県市政局用達,通商司酒造取締などの職についた。明治2年12月30日死去。49歳。摂津兎原郡(兵庫県)出身。名は尚正。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

嘉納治兵衛(5代)

没年:明治2.12.30(1870.1.31)
生年:文政4.6.16(1821.7.15)
幕末維新期の酒造業者。灘(兵庫県)の有力な酒造家嘉納家5代。名は尚正。嘉納家の祖は近世初頭,摂津国御影村(兵庫県)の生魚屋治郎太夫。元禄5(1692)年分家して材木屋治兵衛を名乗り,当初材木業を営む。2代治兵衛長好のとき家督を長男治郎右衛門に譲り,長好は末子を連れて分家。両家ともに江戸積酒造業を始めるが,前者が本嘉納家,後者が白嘉納家となる。明和期に屋号を嘉納屋とし,酒造業に専業化して以後急成長をとげ,造石高1万石,10蔵を所有した。 4代治兵衛繹貴が天保12(1841)年49歳で急逝したあと,尚正が弱冠22歳で家督を相続し,明治3(1870)年までの29年間その経営に当たり,家業を盛りたてた。慶応3(1867)年より維新期にかけて兵庫商社世話役,楮幣方御用引替所,兵庫県市政局用達,通商司酒造取締などの要職についた。

(柚木学)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘉納治兵衛(5代)の関連キーワード智水宮水いそっ子NHK大河ドラマ乾新兵衛大塚鳩斎小西新右衛門(10代)宮地正人ハートホリデー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone