コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四条宮下野 しじょうのみやの しもつけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四条宮下野 しじょうのみやの-しもつけ

?-? 平安時代中期の女官,歌人。
下野守源政隆の娘。後冷泉(ごれいぜい)天皇の皇后藤原寛子(かんし)(四条宮)につかえ,後宮の歌壇で活躍。治暦(じりゃく)4年(1068)後冷泉天皇の死で,寛子にしたがって出家したらしい。「後拾遺和歌集」以下の勅撰(ちょくせん)集に7首のる。家集に「四条宮下野集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

四条宮下野

生年:生没年不詳
平安時代の歌人。後冷泉天皇の皇后となった藤原頼通の娘四条宮寛子に仕え,父の源政隆が下野守だったので四条宮下野と呼ばれる。おそらくは天皇が崩御し皇后が出家した治暦4(1068)年に出家。その後,華やかだった寛子の後宮の思い出を記録するため,自選家集『四条宮下野集』を編纂。歌は機知に富むが平凡。しかし長大な詞書には橘俊綱,源経信などとの交流や,女房の視点からみた後宮生活が描かれ,歌集の形ながら『枕草子』に近い一面があって注目される。『後拾遺集』以下に8首が入集。<参考文献>益田勝実「四条宮下野の集」(『日本文学』5巻5号),清水彰『四条宮下野集全釈』

(山本登朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しじょうのみやしもつけ【四条宮下野】

平安朝の女流歌人。生没年不詳。従五位下下野守源政隆の娘。後冷泉天皇の皇后四条宮寛子に,1050年(永承5)の入内以来,68年(治暦4)の落飾まで仕え,のち山里にこもり剃髪した。家集《四条宮下野集》は,18年間の後宮生活を日記風に伝え,文学史上,女流日記や《枕草子》との類似が指摘されている。《皇后宮春秋歌合》に出詠し,《後拾遺集》以下の勅撰集に6首入首している。【上野 理】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四条宮下野
しじょうのみやしもつけ

生没年未詳。平安中期の女流歌人。下野守(しもつけのかみ)源政隆の娘。母は未詳。1050年(永承5)関白藤原頼通(よりみち)の娘寛子(四条宮)が後冷泉(ごれいぜい)天皇に入内(じゅだい)するに際して、その後宮に出仕。1068年(治暦4)天皇崩御、中宮寛子落飾に接してまもなく出家、晩年は洛外(らくがい)に隠棲(いんせい)したらしい。この間、頼通の手厚い庇護(ひご)の下にあった寛子や六条斎院(ばいし)内親王などを中心とした後宮歌壇で活躍、範永(のりなが)、経衡(つねひら)、頼家ら和歌六人党とも交流をもった。爛熟(らんじゅく)した後冷泉朝歌壇に才気を示し、家集に『四条宮下野集』がある。[松野陽一]
 心して風の残せるもみぢ葉を尋(たづ)ぬる山の峡(かひ)に見るかな
『清水彰著『四条宮下野集全釈』(1975・笠間書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

四条宮下野の関連キーワード橘為仲

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android