爛熟(読み)らんじゅく

精選版 日本国語大辞典「爛熟」の解説

らん‐じゅく【爛熟】

〘名〙
しすぎて、うみただれること。
※四河入海(17C前)四「山桃も熟して赤して、火の如なるが此処には有ぞ」 〔蘇軾‐寄題刁景純蔵春塢詩〕
② 物事をよくのみこんで熟達すること。
※大学垂加先生講義(1679)「看大学、必以章句或問熟之」 〔北斉書‐王晞伝〕
③ (形動) 物事が十分に発達しきって、すでに衰えの兆候さえみえることやそのさま。また、十分満足して、あきあきするくらいであることやそのさま。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉「余は病に因って此陳腐な幸福と爛熟(ランジュク)な寛裕を得て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「爛熟」の解説

らん‐じゅく【×爛熟】

[名](スル)
果実がくずれそうなまでに熟しきっていること。「爛熟した実が落ちる」
物事が発達しきって、衰えの兆しさえ含んでいる状態になること。「爛熟した文化」「爛熟期」
[類語]れる熟する熟むれる熟成する成熟未熟不熟早熟晩熟追熟黄熟豊熟完熟全盛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「爛熟」の解説

【爛熟】らんじゆく

成熟して時期をこえる。陸游〔野人の家を(よぎ)り、感有り〕詩 世態十年、爛熟を看る 家山里、依稀(いき)たり

字通「爛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android