爛熟(読み)らんじゅく

精選版 日本国語大辞典「爛熟」の解説

らん‐じゅく【爛熟】

〘名〙
しすぎて、うみただれること。
四河入海(17C前)四「山桃も熟して赤して、火の如なるが此処には有ぞ」 〔蘇軾‐寄題刁景純蔵春塢詩〕
物事をよくのみこんで熟達すること。
※大学垂加先生講義(1679)「看大学、必以章句或問熟之」 〔北斉書‐王晞伝〕
③ (形動) 物事が十分に発達しきって、すでに衰えの兆候さえみえることやそのさま。また、十分満足して、あきあきするくらいであることやそのさま。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉「は病に因って此陳腐な幸福と爛熟(ランジュク)な寛裕を得て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「爛熟」の解説

らん‐じゅく【×爛熟】

[名](スル)
果実がくずれそうなまでに熟しきっていること。「爛熟したが落ちる」
物事が発達しきって、衰えの兆しさえ含んでいる状態になること。「爛熟した文化」「爛熟期」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android