コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四賀[村] しが

1件 の用語解説(四賀[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しが【四賀[村]】

長野県中部,東筑摩郡の村。人口6374(1995)。筑摩山地に位置する山村で,総面積の約80%を山林・原野が占める。中央を西流する犀(さい)川支流の会田川と保福寺川沿いに水田が開けるほか,山間傾斜地も耕地化されている。中心集落の会田は江戸時代,北国西脇往還(善光寺道)の宿駅として栄え,1902年の篠ノ井線開通までは交通の要地であった。主産業は農業で,近年稲作,養蚕に代わって,養鶏,養豚,酪農が伸びている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

四賀[村]の関連キーワード冠着山筑摩岡谷諏訪茅野さかきた大森光彦関口友愛上条螘司サンリン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone