コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四賀 しが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四賀
しが

長野県中西部,松本市北東部の旧村域。筑摩山地にある。 1955年会田村,中川村錦部 (にしきべ) 村,五常 (ごじょう) 村が合体して四賀村が成立。地名は4村の合体を祝賀する意に由来する。 2005年松本市に編入。古くは東山道,近世は北国西街道が通過し,明治中期までは長野市と松本市方面を結ぶ交通の要地としてにぎわったが,篠ノ井線開通後は交通面での重要度は薄れた。おもに畜産が行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四賀
しが

長野県中央部、東筑摩(ひがしちくま)郡にあった旧村名(四賀村(むら))。現在は松本市の北東部を占める。旧四賀村は1955年(昭和30)中川、会田(あいだ)、錦部(にしきべ)、五常(ごじょう)の4村が合併して成立。2005年(平成17)松本市に編入。旧村域は筑摩山地の山間村で、米とタバコ栽培が主体の過疎地。かつては養蚕が盛んであった。国道143号が通じる。近世は北国(ほっこく)西街道が通じ、会田はその宿であった。松本市の中心市街地への通勤者が多い。大型海棲哺乳類化石の宝庫として知られ、松本市四賀化石館がある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

四賀の関連キーワード松本・四賀直結道路長野県松本市七嵐松本市立博物館井戸川 美和子長野県松本市横川 毅一郎井戸川美和子太田 青丘松本(市)諏訪(市)4月21日葛原 妙子藤森 朋夫四賀 光子ミスズ工業太田水穂宮澤美保葛原妙子太田青丘秦 藤樹

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四賀の関連情報